ブラックブログ

リアルタイム黒歴史。ブラック企業とは無関係です。

【完全個室】「カスタマカフェ」に行ってみたら個室ビデオと似てたので、少し比較してみた

どこかでチラ見したのがきっかけで、完全個室のネットカフェがあると知ったので、チェックしていたんだが、利用する機会がなかなかなかった。
しかし、ようやく利用する機会ができて、行ってきたので、雑感というか軽くレポ書きます。
その名は「カスタマカフェ」

『カスタマカフェ』とは?

まず、カスタマカフェについて少し簡単に説明を…といきたいところだがめんどいので、基本的な事をひとことで言うと、完全個室のオシャレなネットカフェってところか 。
これ以上はウェブサイト見た方が、たぶん早いです。

ウェブサイトからして、かなりのオシャレな感じで、かなり女性客を意識してる感じ。ネットカフェ独特のなんとも言えないオタクなイメージは完全に払拭されている。
そして、過去に書いたエントリもあるんですが、ネットルームに近いのかとも思ったんですが、あそこは結構長期利用が多そうだからな。

ここは料金体系的には、一般のネットカフェ同じぐらいの短期(数時間から1泊)の利用が主な感じです。
以前ノマドしてた時はなぜか泊まる場所の候補から除外してたんだが、料金的にもネットカフェとそう変わらないので、使えばよかった。

「歌舞伎町店」に入店

今回利用した動機は、ちょっとまとまった時間を潰さなきゃならなくなったのと、とにかく眠くて仮眠したかったから。そんなんで新宿は歌舞伎町方面はあまり好きじゃないんだけど、歌舞伎町店に行ってみることにした。

新宿はここしかないので仕方ないです。



建物の入口のエレベーター。7階まで上がる。
建物自体は新しくてキレイだ。
そして、7階のエントランスも、驚くほどキレイ。そして、やっぱり女性客が多く見かけられる。

新規なので会員登録をサクッと済ませ、部屋タイプを選ぶ。喫煙のリクライニングシートだ。
朝9:30だし、ガラガラかなと思いきや、リクライニングシートは空きがなくてフラットルームで妥協する。どうやら結構盛況してるようだ。基本寝る目的だしまあフラットでも問題ない。
ネットカフェみたいに漫画はほとんどなくて、雑誌系が少しだけ置いてある。これもオレは読まないのでどうでもいい。
隣のカウンターでワンドリンクのジンジャーエールを受け取り廊下を進む。


んー⁈、なんかこの見覚えのある廊下から先の既視感ハンパねー。

完全個室に入室する


しかも、なんかこの部屋の作り、内装、予想通りだぞ。
新鮮でも、懐かしいでもない、いつもの場所的なね。
ここで、そういうことかと変に納得してしまった。
というのも、このカスタマカフェの部屋の作り、個室ビデオのそれとほぼ同じだよね。

右側にビニール袋の束がぶら下がってるあたりとかね…(^_^;)


個室ビデオとの違いはというと…

  • 壁紙と、家具の材質
  • DVDの貸し出しとプレイヤーが無い
  • ティッシュが少ない
  • アダルトグッズが存在しない
  • ワンドリンク付いてる

こんなもんでしょうか…
基本的なハコは同じですね。
ここまではハード面。

ソフト面やそれ以外には、基本インターネットと、テレビが見えるだけというように簡略化されている。
他、細かい点だと、

  • iPadの貸し出しもしてるとか…。
  • 女性向けのスチーマーとか諸々ある。
  • 支払いは電子マネーとか、クレジットカードも対応してる。
  • Tポイント対応
  • 軽食が食える

なんかがあり、券売機仕様のいかにもやばそうな店にありがちな現金主義といった雰囲気ではなくなっている。
あと、軽食は、食ってないけど本格的な厨房があるわけじゃないと思うので、レンジでチンしたものを盛り付けるようなシステムじゃなかろうかと思います。

そして、清潔感たっぷりなので完全にエロい面は消し去られているのかと思いきや、残されてました…。

ビデオオンデマンド!

ネットで映画をはじめとする、多様な娯楽のチャンネルが見れるようだ。わざわざネットカフェのビデオオンデマンドで映画見る奴がいるのかとオレには疑問だが、まあこれらはどうでもいい。
とりあえずエロ関係だと、DMMの見放題がストリーミングで楽しめる。そして、通常のネットカフェだと、オープンスペースな性質上、音声面、監視面、おいにい面で、なかなかエロ動画が見れるのはわかってても、白い汚物の放出に至るにはなかなか障壁が高いわけだが、完全個室となれば話は違う。
環境は整っていると言って良いだろう。
DMMのストリーミングは、細かい早送りができないのと、マウス(あるいはキーボード)操作なため、操作性がよろしくないが、まあコツを少しつかめるようになれば、なんとかなる。
あと、もうひとつ注意が必要なのが、ここの店舗だけなのか、この部屋だけなのかわからんが音声デバイスがなかった。要は、音が出ない。
オレはたまたま使わなくなったイヤホンがあったのでそれをPCのイヤホン出力を使って音声を取れたが、店舗に貸し出しがなければ100円ショップあたりで調達する必要がある。
これは、オナられないようにわざと音声を封印してるのかと思ったけど、真意はよくわからないです。

まとめ

総じて言えば、まずキレイだし、内容コスパ共になかなか良かったし、女性向けのニーズ、市場開拓としてうまい戦略だと思った。

つまり、個室ビデオだと、(雰囲気的に)女性客には敷居が高いので、女性客取り込むために、個室ビデオのノウハウ活かしつつ、特にエントランスは入りやすいようにめちゃくちゃオシャレに作る。
そして、貸し出し用のDVDのラックのスペースもこの業態なら部屋にできるので、効率がいいわけだ。

しかし、オレは男なんで気づいたけど、女性から個室ビデオのそれと同じつくりだとは気づかんね。そもそも女性はそういう概念がないはずだからね。そして世の中知らないでいる方が幸せなことが多々ありますんでね。

まあ、男性客が入っても全く問題ないし、今後もまた使ってみようと思う。

前のエントリでも最後の方に少し書いてますが、
気になっていた「ネットルーム」とやらを使ってみた(ネットルームマンボー 新宿2丁目) - ブラックブログ
今後は、DVDはビデオオンデマンドに置きかえられて、どんどんストリーミング文化は発展していくと思っているので、全面には出せないにしてもエロパワーの後押しを若干受けつつ、やっぱり今後この「カスタマカフェ」みたいな完全個室インターネットは、すごく伸びるんじゃないかと見てます。

そして、今後のオレの使い方としては、

  • ガッツリストレス解消(放出)したい時は「個室ビデオ」
  • 睡眠確保が主な時は、「完全個室ネットカフェ」

てな具合に使い分ける感じになるかと思います。

しかし、ここまでコスパいいと、もう普通のネットカフェは行きたくないなぁ…。


漂流ネットカフェ : 1 (アクションコミックス)

漂流ネットカフェ : 1 (アクションコミックス)

追記 2017.8.30

ちょうど1年間あけてまたいってきたんですが、少し変わってきてましたね。
トップ画面からのリンク集みたいなのにエロコンテンツを匂わすリンクは消滅しておりました。
ここではやはり女性上位の考えが念頭にあるようです。

まぁ、インターネットがあるので無料動画とか探せばいくらでも探せますが、
www.dmm.co.jp
オレはというと手っ取り早くめちゃコスパのよい見放題を利用し始めてしまったので、こいつにログインすれば問題解決です。
しかし、話は逸れるんですがこの見放題サービス、めちゃ素晴らしいがゆえ、身体には毒なんじゃないかと思い始めているところです。
まぁ。これについてはそのうち別エントリででも書きたいと思います。