読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラックブログ

リアルタイム黒歴史

iPhone7発売でお買い得な旧型カバーケース!今まで使ってきたiphoneケースの歴史を振り返る

iPhone 7が発売されました。

で、スペックやら写真やら見ましたが、オレもふつうに欲しくなりました。
でも、当面自分で買うことはないかな…。会社からの無償支給を待ちます。
iPhone やスマホを買い替えたときは機種を弄り倒すのも楽しいですが、ケースをどんなのにするか迷うのも、楽しみのひとつです。
しかし、iPhone7を買うわけではないので今まで使ってきたケースでも振り返ってみようと思った次第です。

そして、新機種のiPhone7が出たため、それ以降iPhone6s以下のケースはお買い得になってきてます。
いいタイミングなので、オレが使ってきたiPhone ケースは、これまでそれなりに結構吟味して選んできたつもりなので、雑感を添えつつ紹介します。
現在使ってるiphone6plusのモノからiphone4sを使い始めたときまでのiphoneケースについて新しい順に振り返ります。

まずは、現使用中のiPhone6plusから

現在使用中「シバフル」もどき(iPhone 6plus用)

現在使用中としながら、上記リンクはAmazonで買えるシバフルってやつで、本当はこれが欲しかったんだけど、実はオレが使ってるのは、楽天で約1,000円で買った中国製の同等品です。
ですが、使ってみた感想は、めちゃくちゃ良くて、とても気に入ってます。
若干中国製ならではの作り込みの甘さはありますが、お試し気分で使うには十分な品質ですので、まずは低価格で使ってみたい人にはおすすめです。


察しはつくとは思うんですが、ポケットにいれる派のオレが使用すると摩耗が激しく、角と側面は速攻で毛がなくなりました。未来の自分の毛髪を暗示してるようです。まあ、間違いなく消耗品です。

そして現在に至る


だいたい使い始めて2ヶ月弱です。
最初のうちはホコリや糸くずが着くのが悩みだったりしたが、それも毛があっての話。ハゲてしまえばそれすらもくっつくことがないハゲてること自体が深刻な話になってしまった。なんか、このまま進行していくとただの黄緑色のハードケースになる日もそう遠くない気がしますね。

これは、要はiPhoneのハードケースに人工芝をくっつけてます。どうやって着けてるかがよくわからないけど、たぶん接着剤とかなのかな?
毛が抜けた後少しベタつく気がしますが問題になるほどではないです。
結構目立つし、ネタにもなるしで、お試しで安いの買って良かったので、今度は本物のシバフル買おうかなと思ってます。
しかし、一部の身内から評判が悪く、子どもっぽいだとか、スーツにそのケースは合わねえだとか言ってますが、オレは全く気にしてません。

実は、間違えて買ってしまったコレのiPhone5用があって、ちょうどヨメがiPhone5sなんで、無理矢理プレゼントにしてお揃いで使えると思ってたが、頑なに拒否られてしまいました。
よって誰か欲しい人いましたらあげますので、連絡ください。

ひとつ前に使用「ゴールド鏡面シートとバンパー」(iPhone 6plus用)


とにかく目立ちたくて光らせたくて買ったこれも結構気に入ってたんだけど、バンパー部が緩くなってきたので、買い換えてしまいました。
鏡面シートは自撮りカメラを発動しなくても即ミラーとして使えますし、光を反射させてキラキラ光線当てたりして遊べたりと機能面での付加価値は高い。
デザイン性もとにかく金ピカで目立ちます。たぶんケースについて言及されたのが一番多かったのがこのケースだったりします

機種変更して即使用「透明ケース」(iPhone 6plus用)

ELECOM iPhone6 Plus 薄い シェルカバー 極み クリア PM-A14LPVKCR

ELECOM iPhone6 Plus 薄い シェルカバー 極み クリア PM-A14LPVKCR

iPhoneは、デザイン性が優れていてカッコイイので、本当は裸で使いたいんです。剛性もあるし実はなかなかキズもつきづらかったりするんですが、しかし、特にまだ新品の時代だとそれでも傷とかつけたく無いしって事で、限りなくiPhoneの素材を活かしつつ裸に近いケースという事で透明のケースをだいたい選んで使ってます。


どんなケースにするか迷ってる間にとりあえず透明ケースを使うというのもアリだと思います。
透明ケースは商品が豊富で、安いので試しやすいです。楽天まで触手を広げれば新機種発売直後から更に安く手に入れられます。
例えば100円くらいからあります。ただし中国産ですが、案外品質は十分です。

ここからiPhone5

最後に使用「ゼブラ柄ハードケース」(iPhone5用)

オレが使ってたモノはもう廃盤になってしまったようで見つかりませんでしたが、これのもっとブラックで濃い色のモノでした。


基本、ケースでは目立ちたいので無地より柄モンを選んでしまいます。という事で行き着いたのが「ゼブラ柄」。
しかし、このケース、耐久性が無くてすぐ割れてしまったため、短命でしたね。

最終的にはiPhone5はハダカで使ってましたが、やっぱり5はデザイン性は秀逸でしたね。

ひとつ前「アルミバンパー」(iPhone5用)

背面につくキズを恐れてバンパーのみの使用はさけていたんですが、テーブルなどの面に直置きしてもバンパーの出っ張りがあるので意外と背面も表面もキズはつかないことを知りました。iPhone5はデザインも鋭角なのでハードケースよりも案外バンパーの方が相性はいいと思ってます。

組合せて使用「ステッカーブルポケット」(iPhone5用)

透明ケースと合わせてこんなのも使ってました。
どうしてもSuica機能を抱き合わせて使いたかったんだけど、iPhone5のスリムさ、スマートなデザイン性は維持したかった。なので、ケースの中に内蔵できるタイプもあったんですが、それは見送りました。
これは完全外付けで、ケースによる本体の厚みは直接的に増えないんですが、なんだかえらいダサくなった気がして、結局短期間で使うのをやめてしまった。
あわせてSuicaを内蔵してるっぽくすることも諦めました。

機種変更して即使用「透明ケース」(iPhone5用)

iPhone5も使用当初は透明ケースだった。
やっぱりiPhone5のデザインは好きで、なんかしらのケースを買うまでのつなぎにと思っていながら、かなり長い間透明ケースのままでした。

iPhone5のデザインで、大型盤のPlusとかあったらいいなと思うんですがどうでしょう。

ここからiPhone4s

初代「迷彩柄」(iPhone4s用)

最初に使ったケースは迷彩柄のハードケースだった。
なぜかその時は迷彩がやたらとカッコイイと思ってたのと、使ってる人も見たことなかったので、人と被ることもなかったから。
また、そろそろ迷彩柄使ってもいいかなーとか思ってます。

最後に

表面のフィルムも貼った方がいい

最近派手にiPhoneを落としてしまい、アスファルトでガリガリとやってしまったんですが、表面のフィルムを貼ってたので、端っこの方はひび割れしてしまいましたが、全体的には助かりました。
ガラスタイプの硬めのやつを使ってますが、指ざわりの感じが裸に近くて良いです。
これもまた旧型はだいぶ安くなってきたので、ここらで買い時かもしれないです。

にしても、やっぱiPhone7買おうかな〜…