ブラックブログ

リアルタイム黒歴史。ブラック企業とは無関係です。

iPhoneのTouch IDに対応した超絶オススメの手袋

寒い冬。手が冷たいけどiPhoneはいじりたい!

冬本番、最大寒波到来のこの季節、外でのスマホいじりは素手では寒さで手がかじかみ、苦痛を伴います。
それでもスマホをいじりたいオレたちは、スマホ対応の手袋を使う訳ですが、これらの手袋は指紋認証は使えません。つまりはTouch IDを使うためiPhoneのホームボタンを押すたびに手袋を外さなければならないのです。
特に画面オフの度にパスコードor指紋認証要求するようにセキュリティ設定されてしまってたりするとかなりめんどい事態になる。

いろいろ対策はあるようですが…

少しツッコミながら軽くダメ出ししつつ、オレが超絶オススメするTouch ID、指紋認証に対応したスマホ対応手袋を紹介しようと思います。

手袋の親指部分をカットする


今やスマホ対応の手袋は100円ショップでも売ってますので、躊躇なくカットできるし、一番安上がりでしょう。
でも、これやると絶対カットした部分ほつれますよね。
そして切った親指部分は元に戻らないし、確実に親指が冷えますぜ。
ドヤ顔乙です。
これと同じように全部の指先がデフォルトで出てる手袋もありますが、オレは寒いので使いたくないです。

指紋認証に対応したシールを指先に貼り付ける


指紋代わりになるシールを手袋の指先部分に貼り付けて、指紋登録してしまえ、と。
なかなか、発想は良いと思います。
バイク用だとかスノボ用なんかの革製やナイロン製の手袋ならば、なかなか良さそうです。
でも、これ布製とか毛製の手袋は使えなさそう。
そして、スノボの手袋は間違いなく濡れるけど大丈夫なんすかね。シールなだけに少し耐久性が心配。
で、これそもそもどこで売ってんすか?
キックスターターのプロダクトに出資とかすれば商品もらえるんかな?
めんどい。Amazonあたりでサクッと買えればいいけどね。残念。


と少し前振りしておいて…

Touch IDに完璧に対応できるスマホ対応手袋はこいつだー!

「スライドタッチ手袋」と言うらしいです。

オレが使っている超絶オススメなこの手袋ですが、仕組み的には特段すごい訳ではないです。
言わば、指の先端に穴が開いてる手袋です。
だが、この穴の開き方がひと工夫されていて、手袋しながらスマホいじるのに最適です。

普通にはめるとこんな感じで先端だけ穴が開いてる状態になる。スマホをいじらず何もしない状態ならこうしておけば指先は冷たくならない。
少し小さめな設計になってます。恐らくは指先作業の感度を妨げないためだと思われます。

必要に応じて使いたい指を好きなだけまくる。
だいたいこの3本指だけめくればスマホ操作には事足りるはずです。
手のひらはゴムのボツボツ付きでスマホを持つのにもグリップは良いです。

もちろん全指全開も可能。まあ、このモードにすることはほとんどないですが…



生指タッチにこだわりたい

そもそも、この手袋、おそらくスマホ用に開発されたというより、手袋しながら指先で作業する用に開発されたっぽいです。(真偽はわからんです)
オレなんかは3年前ぐらいから使ってるんだけど、当時はもちろんTouch IDなんかなかったからスマホ対応してる手袋で、十分事足りたんだけど、オレとしては生指で画面タッチ操作したかった。慣れもあるかもしれないが、手袋越しだと感度が悪いというか、細かい操作性が悪くなるというかなんとかあまり好きになれなかった。それでなんかいい手袋ないかなって探して行き着いたのがこの手袋な訳です。

最後に

で、ここまで書いておいてなんなんですけど、クッソ寒い外でこれずっと使ってると、正直言ってやっぱそれなりに寒いです。
革の手袋なんかに比べると防寒性は負けます。薄い設計になってるし。
特に出してる指先からどうしても冷え始めます。
まあでもそんな時でも、「ぐーっ」てしてやるとすぐに少しは手が温まるので素手よりはだいぶマシです。

まあ、あとなかなか見かけない珍しいデザインなので、ちょっとしたネタにもなります。

生指タッチ派のあなたにオススメのスマホ対応手袋でした。

案外安いですよ。