ブラックブログ

リアルタイム黒歴史。ブラック企業とは無関係です。

意外と使える東京シティエアターミナル(T-CAT)から羽田空港に行ってみた

ちょっと福岡まで出張してくるわ

2年ぶり何回目か忘れたが飛行機乗ってく出張が、
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
最後に行ったのは、札幌だったかな。
あれからしばらく出張といえば新幹線でもこだまかひかりで静岡県がほとんどだったので、そろそろ欲しかった飛行機出張。今回は福岡博多だ 。興奮がワクワクが止まらねー。

さて、羽田空港までどうやって行ってやろうか?

これを考える時点でもうすでに旅は始まっているんだよ。
※一応仕事の出張です。

今回は自宅から直行なので、時間も余裕があるし、選択肢もいくつかある。

  • 電車(京急)

スタンダードでつまらない。乗り換えがめんどい。

  • モノレール

乗り換えがめんどい。揺れる。浜松町が中途半端。

  • タクシー

料金高え。身の丈考えろ。精算が無理。

無理。


そして、

  • 空港直行バス

今回はこれを使ってみようと思う。

高速バスは好きだ。乗合路線バス(都バス)は嫌いだけど。
観光バスのタイプなら必ず座れる。しかも大概ガラガラ。そして、安い。


そんな訳で東京の東エリアに住むオレは羽田空港に直行する空港バスにどこから乗るかって考えた時、この2つに絞られる。

  • 錦糸町駅(or東陽町駅)

乗り場としては使いやすいんだが、いかんせん本数が少ない。東武ホテルからのエアポートリムジンにスカイツリーからくる便(京急と東武)を合わせれば(本/60分)以上あるが、今回は見送る。

  • 東京シティエアターミナルT-CAT(水天宮前駅)

以前から東京シティエアターミナル、略称「T-CAT」ここを利用してみたかったから今回はT-CATからアクセスしてみる。
詳細は次で…。

最寄りの羽田空港行きのバスを調べたいときはこちらを参照↓
羽田空港に行くバス一覧

東京シティエアターミナルT-CATからの羽田空港アクセスは案外秀逸

  • バスの本数は他の乗り場に比べて多い。

朝から日中帯は、本/30分ぐらいある。バスでこれだけあれば十分だ。

  • 羽田空港までの料金は820円

T-CATにほど近い東京駅からJRと京急で637円。オレは荷物がさほどないので問題無いけど、スーツケース持って乗り換えして、座れないとか結構めんどいはずです。リムジンバスなら荷物はトランクにぶち込んであとは座れるので、少し高いけどそれだけの価値は十分あるね。

  • 羽田空港までの所要時間は、約25分

とざっくりした所要時間だが、ANA全日空乗り場となる「空港第二ビル」までは時刻表上では20分となっている。案外、いやかなり早い。
2ビルなら直通、首都高速経由なのでタクシーや車とさほど変わらない。

  • T-CATに行くまでは半蔵門線の水天宮前駅が主流

これしかないのがつらいところ。
半蔵門線も東武スカイツリーライン方面の直通なら羽田に向かう途中ってことで使う価値ある。
東急田園都市線方面の直通で考えると羽田空港は遠回りになるので使えなそう。他の直通バス使った方が便利か?
ただ、成田空港で考えるとこれが真逆になるので、このあたりは使い分けでしょう。


オレの場合、東京シティエアターミナルT-CATが、案外近場にある割に今まで使ったことなかった。昔からあるのは知ってた上に、すげー気になっていたので、今回初めてとなるが使ってみることにしてみた。

実際つかってみたT-CATの魅力を写真付きでレポしてみる

まずは水天宮前駅、オレの場合ここに来るまではさほど訳ない。なんで今まで使わなかったんだろうか?
たぶん、なんとなくT-CATの得体が知れない場所って理由だけかも知れない。
改札は2つあるみたいだが、ちゃんとホームからも飛行機マークの表記があるので、外人さんも間違いなし。

水天宮前駅ホームからエスカレーター


エスカレーター上がると、すぐに改札口を出れる。

改札を出てまっすぐ進むと緩いスロープの動く歩道がある。バリアフリーってよりスーツケース対策されているんだと思った。

水天宮前駅改札を出てすぐの動く歩道

そして動く歩道を降りるとすぐに入口のエスカレーター

地下鉄直結のT-CAT入口


もう東京シティエアターミナルに着いてしまった。ここまで階段無し。雨濡れ、暑さ寒さの心配も無しだ。


1階が羽田空港バス乗り場なんだが、時間を潰すため、タバコが吸えてコーヒーが飲めて朝飯が食える場所を探す。
そのためさっさと2階に上がることにする。

一番使えそうな「カフェドクリエ」を見つけた。
広い喫煙席完備。

カフェドクリエ(2F)


広い!!ってか空いてるー!
もしかしたら過疎ってる?
いやオレにとってはこういうの大歓迎です。


マックがあるなら朝マック食いてえ。
ってことで、マクドナルドに移動。

マクドナルド(2F)


喫煙席がないのが残念だが、長居するつもりもないので、やっぱり朝マック食うことにした。
そこそこ人がいるけど席は楽勝で座れる。
そしてこれでもT-CAT内で一番人がいる場所がこのマック近辺らしい。

すぐ向かいにはコンビニ。他には何もないと言っても過言ではない。なので、人が集まるのも頷ける。

セブンイレブン(2F)


座席はセブンイレブンのイートインとしても使えそうだ。




マクドナルドには当然喫煙席がなくタバコ吸えないので喫煙所をさがす。
一階の外、タクシー乗り場の近くにあった。
タバコはここか、カフェドクリエの喫煙席しかどうやらなさそうな感じ。

喫煙所(1F外)


喫煙エリアではあるが、
「Tokyo city air terminal」の文字看板とともに日本かぶれの外人サンが喜びそうな純和風日本庭園っぽいオブジェがある。
地下鉄の駅に直結してるためあまり気にならないが、外向けの表玄関は、ここなんだろうか…?

マックの隣にある便所(2F)

T-CATの建物自体もう古い。だが、キレイに維持されている。

午前中の時間帯だと、カフェドクリエとマクドナルド以外は、使えそうな店舗もなく開店してないので、正直もう飽きた。
まだ時間はあるが、さっさと羽田空港に向かおう。
バスのチケットを買う。

バス乗車券販売所(1F)


券売機もご覧の通り2台あれば十分。並ばず買える。

券売機

クレジットカード、交通系ICも対応してる。

一応成田空港行きのチケットも買える。
ただし、成田空港行きのバス乗り場は3Fにある。


チケットを係員に渡してエアポートリムジンに乗車。

バス内、座席の電源コンセント


ひと座席につき1つコンセント完備。
ただ、これはバスの仕様によって様々かと思うが、最近のこういったバスは、USBか、電源コンセントを装備してる車両が多い。
まあ、乗車時間は約20分なので、羽田空港行きの場合たいして充電できない。

バス車内の様子


10:00発のバスに乗車したが、乗客は10名程度。隣の席は座らないし、リクライニングも気にせずシートを倒せる。
さて、羽田空港に向けて出発です。T-CATは首都高速の箱崎の下なのですぐそばから乗るのかと思いきや、9号深川線の福住から入線です。まあ、箱崎は、渋滞の名所みたいな場所なので、福住から辰巳JCTから湾岸線と行くのはルートとして間違いないはず。


特段渋滞もなく順調に進み、バスに揺られ少しウトウトしていたらもう羽田空港第二ターミナルに着いてしまった。

東京シティエアターミナル発、羽田空港方面時刻表


所要時間は、20分の予定だったが、時計を見ると「18分」で到着した。バスなので余裕を持ったダイヤなんでしょう。
やっぱ早いね。

まとめ

T-CATの存在が昔からあったことは知っていた。
ただ、使い方がイマイチわからないし、場所もなんだか中途半端な感じだし…なんて人は多いんじゃないかと思います。実際オレもそうでした。
T-CATから羽田空港へアクセスする最大の利点は、
乗車してしまえば、羽田空港第二ターミナルまでは20分で着く。
しかも出発ロビーの目の前で降ろしてくれるので、降車してから保安のゲートまで迷わず1分でたどり着ける。

という点でしょう。
急いでいるとき、荷物が多い時ほど案外使ってみる価値がアリかもしれません。

また、時間調整的な意味でも空港のターミナルは広くて店舗も多いので暇つぶしには事欠かないですが、旅慣れた人で、あのだだっ広〜い空港のターミナルをウロウロするのはウンザリだなんて言う人も使えるなーと思うかも。

空港にアクセスする環境や、状況も人それぞれ多種多様ですので、なんとも言えない部分はありますが、選択肢の一つとしてどんなもんか一度使ってみるのも悪くないと思います。

これから自宅から空港に直接行く場合は、また使ってみようと思います。