ブラックブログ

リアルタイム黒歴史。ブラック企業とは無関係です。

【何回クリティカルでやられてんだ?!】フリースタイルダンジョン 雑感season3 rec5-8

rec5も最後のバトル

season3 rec5最後のチャレンジャーです。いやしかしこのrec5も8回目の放送。引っ張り過ぎじゃないすかね。改めて観覧に行くと、この8回ぶんが3〜4時間で一気に見れるんで、ホント良かったなーと思います。展開はテンポいいし現場独特の雰囲気で見応えあるしで、すっかりこのダンジョン観覧にはハマってしまいました。
そして、先日3回目の観覧に行ってきましたー!
うぇいよーー!
これについては後ほどまた書きたいと思います。

ダンジョン書き起こしサイト発見

あと、このフリースタイルダンジョンの放送内容を書き起こしてるサイトを見つけてしまいました。

精度が素晴らしいです。これはめちゃくちゃうれしいです。放送は毎週録画してはいるんですが、結局録画でも字幕は速いので、意味わかんなかったりすると何回も巻き戻して見たりしなければならないところ、この書き起こしならば、後でマッタリと振り返れます。オレみたいに細かく観たい人にとっては痒いところに手が届いてる感じで良いですね〜。
ひとつだけ、たった一つだけ個人的な贅沢を言わせてもらえれば、「コンプラ」を解析して欲しかった。
まあ、これは番組の関係者でなければ精度を保つのは難しいと思われるので、コンプラになってる部分含め内容を忠実に再現してるだけで十分だと思います。

Teamクリティカルヒッターズ(カルデラビスタ、句潤、PONY)


これがこのrec5の最後と言っても、放送上の話で実際は「パンチラインフェチズ」の前にやってましたね。
メンバーはクリティカル負けしたリベンジャー2人とダンジョン経験者だし、カルデラビスタは審査員で過去に来てましたけど、UMB初代王者のバトルは非常に興味深かったです。

1stステージ 2on2(Monster:CHICO CARLITO、T-PABLOW vs 句潤、PONY)

  1. 3-2でモンスターCHICO CARLITO、T-PABLOW
  2. 5-0クリティカルでモンスターCHICO CARLITO、T-PABLOW勝利確定

結局カルデラビスタの出番無しで終わってしまいました。残念。かなりハイスキルなバトルだったといえばそうなのかもしれないですが、正直言うと収録観覧時はほぼ何言ってるかわかりずらかったため少し、いやかなり退屈でした。
寝不足と立ちっぱなしの疲れでウトウトしてましたよ。
内容も、ディスが甘い。パンチが弱い。バチバチ感が足りない。面白い言葉出てこない。っていうのが率直な感想です。
まあ、1stステージでしたし、そんなバトルもあるかと思います。

まとめ

今回の放映で初めて観覧に行ったrec5が全て終わりました。初めて行ったrec5でしたが総じて言えば改めて神回だったと思います。いきなりラスボス般若が見られると思ってませんでしたからね。
そして、先にも書きましたが、rec6、rec7も見に行ってきたんですが、特にrec7は、なんとなんと空前絶後、超絶怒涛の展開がまってました。
記録は越えるためにある。その時の神回もいつかは塗り替えられる。そんな感じです。
まだ、その放送はたぶん2〜3ヶ月後になると思いますけど、正直season3もそろそろ飽きてきたところでしたが、フリースタイルダンジョン、今後もますます目が離せなくなってしまいました。

千差万別

千差万別

PONY EP

PONY EP

秋雨の宴

秋雨の宴