ブラックブログ

ブラックでフリースタイルな生き様

フリースタイルダンジョンseason5 REC1【最新モンスター勝敗勝率一覧】ウェッサイン〜!

スポンサーリンク

season5 モンスター勝敗(勝率)一覧【REC1-4終了時】

まずは勝敗(勝率)一覧

モンスター 試合数 勝率 クリティカル勝数 クリティカル率
裂固 10 4 6 0.400 1 0.250
呂布カルマ 11 9 2 0.818 3 0.333
輪入道 10 7 3 0.700 3 0.429
FORK 8 6 2 0.750 3 0.500
崇勲 10 4 6 0.400 2 0.500
ACE 10 4 6 0.400 2 0.500
般若 7 5 2 0.714 3 0.600

※ラスボス般若のみseason1〜5の通算成績です。

雑感

REC1-1雑感

取り急ぎモンスター勝敗勝率一覧表を更新したのでアップしときます。
(雑感も後ほど書く予定)
ついにseason5開幕しました。
さて、まずは早速新たな司会サイプレス上野登場!
まあ、順当というかお約束通りというか、サプライズはなかったものの、先行してナレーションをUZIさんの振替で先行してやってたんでもう馴染んでる感じですね。
いとうせいこうさんのコメントが前面に出て来てますが、何やらこれまた神回予告じみた内容です。期待しちゃっていいんでしょうか…
ところで、新seasonですし、そろそろ隠れモンスターシステム発動して欲しいな。

最初のチャレンジャーは「T-TANGG」。
うう…かっこいいし、うまいし声もいい。オレの中ではこの人ふぁんくと見た目がなぜかかぶるんですが、オレだけですかね…
まあ、それはいい。
相手は崇勲。この崇勲、バトル前のコメントで勝率の話をしてくれたせいか、勝率をまとめてエントリにしてるこのブログのアクセス数が上がりました。ナイス崇勲。
そのコメントであった通り最低勝率で喘いでる崇勲ですが、いつもとさほど変わらない感じで、今日も負けちゃうかと思ったんですが、ジャッジは2-0で崇勲の勝ちでした。

次は、チャレンジャーHIBIKI。
岡山出身、高ラ優勝者のようです。正直、あまり知らなかったんですが熱いキャラぽいので楽しみです。
相手は裂固。高ラ対決になりました。
裂固なかなか余裕あって調子良かったと思ったんですけど、1ラウンドでクリティカルで負けてしまいました。拮抗してたので手数の分判定が寄ってしまった感じか。
次回呂布カルマ登場!

REC1-2雑感

HIBIKIの続きでモンスター呂布カルマ。
柄シャツを徹底的に着続けた結果、いい感じにキャラづくりになってます。ダサカッコいいって感じでしょうか。
バトルの結果は僅差の2-1で呂布カルマの逆転勝ち。
負けてはしまったものの、HIBIKIはなかなかスキル高いなぁと思いました。

次のチャレンジャーはbattle手裏剣。
初参戦ながら、オレも知ってるくらいにMCバトルシーンでは見かけるので、やっぱ結構人気ありますね。
相手は崇勲。
結果は2-0で崇勲勝ち。
手裏剣はdisらないスタイルと言ってたところ見た目は結構ヤバ目な感じですが、いたって紳士的というか、好感の持てるバトルしますね。スキャットマンの例えがなるほどしっくりくると思った。
手裏剣のバトル、というかフリースタイルもう少し見たかった。

REC1-3雑感

チャレンジャーLick-Gの登場です。
モンスターはACE。
今まで無敗だと余裕しゃくしゃくだったACEに対して、どういう展開になるのかと思っていたら、結果的には一発クリティカルでLick-Gの勝ち。
そんなに差は無かったと思いますが、ジャッジが寄った感じでしょうか。
少し前まではあまり好きじゃ無かったんですけど、まだ10代、見るたび成長してそうだし、個性に磨きがかかってきた感じでいいですね。

次のモンスターは、FORK。
今回は早い段階で出て来ましたねー。
序盤FORKが3-2で取りましたが、逆転クリティカルでLick-G勝利。
キャラと個性を発揮しつつ、リズムと韻も気持ちよく入って、アンサーも返していくという、めちゃくちゃバランスいいですね。
FORKもいつも通りのスタイルで言ってることなかなか面白いんですけどねー。Lick-Gの作った世界観を崩せなかった感じですね。

続いて、今週は3戦目輪入道が出てきました。
これも一発クリティカルで、Lick-G勝利。
これで三連クリティカル!
このRECが神回だって意味がなんとなく見えてきました。
輪入道、自信ありだったようですが持ち前の熱量もっと欲しかった感じですね。Lick-Gも変わらず、息切れもせず、バランスの良さを保ちつつといった感じでした。

そして次は、ラスボス前に呂布カルマ登場!

REC1-4雑感

Lick-G対 呂布カルマです。
結果からいくとこれが一発クリティカルでLick-G勝ち。
もう、オーディエンスも完全に味方につけながら4連クリティカルを達成!
呂布カルマ、もちろん悪く無かったはずなんですが、韻もディスも申し分ないLick-Gなのも確かで、かなり余力を残して般若戦に引き渡すことになってしまいました。

そして、ラスボス般若。
般若の勝ち方っていうのを考えてみると、般若が自分のペースに持ち込んで相手が飲まれてしまうっていうのがよくあるパターンな気がするのですが、このLick-Gにおいては、全くそれが通用しない感じで、逆に我が道、世界観を行くっていう感じで、序盤からLick-Gが若干主導権を握ってた感じだったけど、2round目で完全に試合を制してジャッジもLick-Gに上げざるを得なかった。そんな感じに見えた。
終わってみれば5連クリティカル!
確かにこりゃ神回だわな。

実は、過去のデータを見ると般若まで全クリティカルでたどり着いたチャレンジャーは、Lick-Gが初めてではなく「焚巻」がいるんですが、焚巻は般若に惜しくも敗れてます。

まとめ

新シーズン入って、いきなりの「Lick-G」による全クリ!しかも全部クリティカル勝ち!
ここに来てなかなか面白い展開になってきましたフリースタイルダンジョン。
このRECを現場に見に行けなかったのは悔しさの極みなんですが、なんですが…
そして、次REC。そしてその次RECと、観覧に行かせていただいてますが、まだまだ飽きさせない、ヤバい展開が待ってます。
ネタバレ厳禁なのは、周知の通りですので本エントリはこの辺で失礼させていただきます。

season3までの初代モンスター全勝敗一覧はこちら

ザ、ベストテン 10th Anniversary Best(白)(初回限定盤)(DVD付)

ザ、ベストテン 10th Anniversary Best(白)(初回限定盤)(DVD付)