ブラックブログ

リアルタイム黒歴史。ブラック企業とは無関係です。

フリースタイルダンジョンseason5 REC2【最新モンスター勝敗勝率一覧】

スポンサーリンク

season5 モンスター勝敗(勝率)一覧【REC2-5終了時】

まずは勝敗(勝率)一覧

モンスター 試合数 勝率 クリティカル勝数 クリティカル率
裂固 12 5 7 0.417 1 0.200
呂布カルマ 12 9 3 0.750 3 0.333
輪入道 12 8 4 0.667 4 0.500
FORK 9 7 2 0.778 3 0.429
崇勲 12 5 7 0.417 2 0.400
ACE 11 5 6 0.454 3 0.600
般若 8 5 3 0.625 3 0.600

※ラスボス般若のみseason1〜5の通算成績です。

雑感

REC2-1雑感

さて、一回休みの後このRECは見に行けました。
まずはLuiz Alvisがチャレンジャーで、モンスターは輪入道。
Luiz Alvisラップは上手くて心地よいんですが、相手が輪入道なのもあるけど、イマイチパンチのというかインパクトに欠ける印象。
round1は、技術で先取したものの、round2.3で輪入道にそれ以外の部分で捲られてしまった感じだ。

次のチャレンジャーはMULBE。モンスターはACE。
MULBEカッコいいですね。声とスタイルがいい感じです。しかし、ACE安定の技術力と上手さで一発クリティカル勝ち!
本人も言ってましたが、もう少し見たかったですねー。

REC2-2雑感

チャレンジャーJAKE 対 モンスター崇勲
初登場JAKEなかなか雰囲気出ててカッコよかったんですが、崇勲今回は独特の間合いの使い方がハマった感じで0-2で勝利。

次のチャレンジャーはSURRY、モンスターは裂固。
SURRY上手かったところですが、裂固もキレが良く仕上がってて、熱い展開になりましたが、1-2の僅差で裂固の勝ち。

REC2-3雑感

さて、チャレンジャーまずは「キョンス」初登場!
納豆をかなり押し出してましたが、ラップの方もUMB代表ということだけあって、かなり上手いと感じました。モンスターFORKいきなり登場ということで、いつもの通り韻の踏み方説教と知らねぇ攻撃で盛り上げてきます。
うーん判定的にもほんと僅差だったと思うが、2-3を2回食らってキョンス敗退。なかなか綺麗なラップするのでもうちょっと見たかったな。

次は、REC2最後のチャレンジャー、ニガリがシングルで3回目の登場。と言ってもチーム戦ではチーム「ニガマムシ」で般若まで行ってるので、ダンジョンではもうかなり常連の部類ですな。今回は確かに一皮剥けた感出てきてる感じあります。
モンスターは裂固の登場。まずは高ラ覇者同士の若手対決。このパターン多い気がするけど気のせいでしょうか。
まあいい、裂固かなり調子よいラップで気合も入ってたようだが、ニガリも後攻から調子の良い裂固のそれをかぶせていいラップしてきた。
これもそこまで差はないと思ったが、ラウンド2でクリティカルでニガリの勝ち。

REC2-4雑感

前回からの引き続きでニガリに対するモンスターは呂布カルマが登場。
ニガリは冷静に後攻から攻めつつもラップはとても熱い!呂布カルマも調子がいい感じでめちゃくちゃ良いバトル。呂布カルマのディスもかなり良かったんですけど、それにアンサーしつつも確実に打ち返してる感ありましたから、最後はクリティカルですがニガリってことです間違いないでしょう。

次は3人目のモンスター崇勲。
デブvsデブ対決でデブについてディスりあいした結果、崇勲の方がただのデブという印象で終わってしまった。
いやいや、そんなことはありません崇勲は。
ただ、もっと追い込まれた感無いと実力発揮できないんじゃないかとは最近よく思いますね。

REC2-5雑感

ラスボス前のモンスターは輪入道。
輪入道、ニガリの勢いをわかってか、寝転んでの奇襲から仕掛け、1roundから熱さ全開で下ネタディスも面白い。それに対して全く動じずアンサーするニガリ。お互いめちゃくちゃいいバトルかましてます。
最後はクリティカルでニガリになったけどホント僅差だった。

そしてラスボス般若。
これがなんと一発クリティカルでダンジョン全クリ達成!
般若先行で初っぱな恫喝気味にニガリを攻めるも、これに全く動じず冷静にアンサー。しかもそれにディスを上乗せして行くと、これでもう完全にニガリペース。逆に般若はペースをつかみきれず、そのまま逆転する時間を与えられずに勝負が決まってしまった感じだった。
ニガリ、無の境地効果なのか全体を通してフリースタイルめちゃくちゃ上手かったな。

まとめ

この直近3RECで般若が引きずり出され、うち2回が全クリという話が引き合いによく出されますが、やっぱラスボスまで行くチャレンジャーは強くて、さらに般若戦で飲まれずにそのまま実力を出しきれてるチャレンジャーが、全クリしてるなぁと感じます。
つまりはラスボスまでたどり着いた時点でスキルは間違いないわけで、最終ステージではメンタル勝負な側面が8割ぐらいを占めてる気がします。
また、般若が敗れたバトルはいずれもクリティカル。しかも2roundで決着が付いてます。
よって全クリに必要な要素としてあとは勢いってのもあると思いました。
しかし、こう若手が立て続けに全クリを決めて行くのを見てると、確かに世代交代的なアレを感じずにはいられないですね。
フリースタイルダンジョン、今後どういう展開になって行くのかまだ楽しみです!

season3までの初代モンスター全勝敗一覧はこちら


Trainspotting

Trainspotting