ブラックブログ

黒く、楽しく、いつくしむ

フリースタイルダンジョンseason5 REC6【最新モンスター勝敗勝率一覧】"BATTLE OF Road to Dungeon"

スポンサーリンク

フリースタイルダンジョンseason5のREC6は、"BATTLE OF Road to Dungeon"
っていうことで、summerbomb 2018 DUNGEON STAGEで勝ち残った5名が出場らしいです。
summerbomb.amebaownd.com
で、どうやらその候補者は

bunTes/MASARU/ゆうま/MEKA/MC龍/小池 潔宗/venom/怨念JAP/ワイジニアス/TERU/T-STONE/B.A.D/西/N0uTY/バチスタ/野武士

という感じのようです。

サマボム行きたかったですけどね・・・実際はノーチェックなオレですので、熱く楽しいバトルを期待したいです。

season5 モンスター勝敗(勝率)一覧【REC6−5終了時】

まずは2代目勝敗(勝率)一覧表

モンスター 試合数 勝率 クリティカル勝数 クリティカル率
裂固 20 8 12 0.400 4 0.500
呂布カルマ 20 16 4 0.800 6 0.375
輪入道 19 10 9 0.526 6 0.600
FORK 14 9 5 0.643 3 0.333
崇勲 19 9 10 0.474 6 0.667
ACE 20 9 11 0.450 5 0.556
般若 9 6 3 0.667 4 0.667

※ラスボス般若のみseason1〜5の通算成績です。

雑感

REC6-1雑感

まずは枚方レペゼンTERU登場

相手は裂固が逆指名を受ける形で先陣切ってきました。
オレは枚方を(ひらかた)とちゃんと読めるようになるまで生まれてから35年ぐらいかかった記憶がありますが、あるあるなんじゃないでしょうか・・。まぁそれはいいです。
さて、バトルの方はTERUが一発クリティカル勝ち。いや上手いですね、確かに意味的なアンサーは返せてなかった感じではあるんですが、そこはしっかり引用から繋げてるんで、それっぽくアンサーしているような感じにまとまってます。しかし大した年齢差は無いはずなんですが対比すると裂固がものすごく古典的なタイプに見えますねー。逆にいうとこういうニュースタイルな色のタイプがモンスターに一人いても面白いんじゃないかと今更ですが思いますね。

次のモンスターは呂布カルマ
呂布カルマが韻踏まないキャラを装いつつ、チョイチョイ踏む踏み方がオモロイですね。スタイル・タイプが違う中でのバトルでしたが僅差にもつれ込んだ結果、最後は呂布カルマが仕留めました。TERU耳触りの良いラップで良かったんで、もうちょっと見たかった気もします。

REC6-2雑感

ベスト4のbunTes登場

モンスターは崇勲。
ラップ上手いですけどねー、崇勲にパンチ負けした感じですね。もう少しバチバチ感欲しかったですけど、キャラ的に少々おとなしめなのと意識して自分のスタイル見せたかった部分もあるんでしょうけど、一旦バトルなんで勝ちに行った方が結果的にプロモーションになるんですけどね。崇勲快勝って感じでした。

準優勝N0uTY登場

呂布カルマがモンスターで登場して、逆指名的に受けた輪入道は温存。
結構アツアツスタイルで期待でしたが、それ以上に呂布カルマがのっけからかなり挑戦的にきましたねー。
熱くなるバトルなのは必至だったのでもう少し見たかったですね。
しかし輪入道については確かにオレもあの首振りオラオラの輪入道が見たいってのは間違いないです。

特別賞 野武士登場

相手はACE登場。野武士スタイルに合わせるような立ち上がり。っていうか若干スタイル似ているか・・・。
野武士、声いいし歌うようなラップも新鮮で面白かったんですけどね。
一発クリティカルでACE勝ちましたが、もうちょっとジャッジ割れても良かったかなぁと・・・。

REC6-3雑感

優勝者の小池潔宗 登場

メンツを見てひょっとしたらと思ってましたが、やっぱり優勝者は小池君だったんですねー。
アツアツのスタイルで攻撃的なラップが見ごたえありますね。
相手は崇勲。
二人ともめちゃくちゃ滑舌良いラップしますね。小池君はさらにいい声してます。同郷のNAICA MCタイプは似てるけどもっと硬くして怖くした感じでしょうか・・・。結果は崇勲が2ラウンドでクリティカル勝ち。
なんでしょう。バイブスは間違いないんで、もうちょっと押韻力あるとまとまりが出て攻撃力増すと思うんですがいかがでしょう。

視聴者投票でミステリオが登場

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
って感じですねー。正直これもひょっとしたらと思ってたんですが、やっぱ人気あるんですねーミステリオ。
実はオレも番組HPでミステリオ投票してました。
そして、ちゃんと過去エントリでも推してましたよー。
gjcc.hatenablog.com

まぁ個人的には、めちゃ気になるのが
・ミステリオ
彼に出てひと暴れして欲しいですね。めちゃ面白いしうまいし熱いしかっこいいはキャラ的に微妙だけど、好きなラッパーです。全力推しですね。

そして、相手は輪入道が登場。
ここ一番の見せ所と見たのか、のっけから輪入道メンチ切りオラオラ登場で場外乱闘を仕掛けて来ました。相性良い悪いよりもめちゃくちゃ面白い化学反応が起きそうな組み合わせです。

結果、輪入道がボディタッチっていうかT-Pablow以来の胸ぐら掴み攻撃で減点になった影響があったかどうかわかりませんが、ミステリオ2−0で勝利。
2ラウンド目クリティカルかと思いきやLiLyストップ入ったので、LiLyさんのコメントを聞きたかったですね。
内容は間違いなく面白かったです。ミステリオの持ち味が冴え渡って、さらに輪入道の熱いバイブスも加わりバトルとしてもサイコーでした。

REC6-4雑感

二人目で裂固が登場
裂固気合い入ってたんですけどねー。
ミステリオも普通にうまくて即興力も高いっすね。
ケツもバッチリ決めて来る上に面白いんで、どうしてもミステリオよく見えますね。
結果、クリティカルで一発勝利

三人目FORK登場
勢いがついてしまったミステリオ。ここからはモンスターなんとでも阻止しないといけない手は抜けないところ。
初っ端ミステリオが言葉に詰まってやらかしたり、FORKが噛んでマイケルジャクションからのジャンクション、爆笑と噛んでからの軌道修正も見事だったり、ハプニングが多くて面白いバトルだった。
FORK相変わらずのスタイルでうまかったんですが結果僅差で逆転ミステリオの勝ち。
FORKも苦笑いで、えーこれだけ負けんの!?って感じでしょうか。
ミステリオの良い点はわかりやすいんですよね。FORKはすごいこと言って韻もすごいんだけど、印象として比較するとどうしてもわかりやすさでミステリオに寄ってしまうんじゃないかなーとも思います。
しかしFORKうまいっすねーもっとバトル見たいっす。出番少なすぎ・・・。

あとICE BAHNライブいいっすね。韻が心地良くて合いの手が上手いんですよね。
FORKのみならず玉露も声良くて結構好きです。

REC6-5雑感

四人目で呂布カルマ登場。
予想以上にバチバチな感じになりましたが、熱くなりながらもミステリオ調子いいですね。
最後、ミステリオの30代からの眼中無いと見せかけてを眼中あるでーなんて切り返しなんか余裕があるのか、判断力がめちゃくちゃ良いですね。
結果、呂布カルマがギャグラップとyoutuberは認めんとばかりのスタイルウォーズを制するかのように硬い内容で制しました。
残念ながらミステリオ、熱い上に面白くて良かったです。
今度はオファーで再度きて欲しいですねー。

視聴者投票二人目は百足が登場

相手のモンスターはACE
ACE調子いい感じでしたね。
百足も良かったんですがね、ACEが濃ゆくていい感じでノッてたので若干インパクト不足だったように見えちゃった感じでしょうか・・。
結果2本目でACEクリティカル勝ちでした。

まとめ

ミステリオ、般若まで届かずだったですが、間違いなかったですね。思ったのが、面白いってのもありますがやっぱりとにかくわかりやすい。なので客を持ってけるって結果になるんだと思ってて、これはバトルにおいては強い武器ですよね。エンターテイナーですよ。
そしてそれを阻止した呂布カルマが勝率8割に到達。数字で行くとクリティカル率はともかく、勝数と勝率でR指定を超えるかもしれないですね。こうなってくるともう呂布カルマは少しあっためてFORKガンガン出しましょうよって感じですね。あぁこれは単にオレの希望なだけですが・・・。


season3までの初代モンスター全勝敗一覧はこちら

ジブラの日本語ラップメソッド

ジブラの日本語ラップメソッド