ブラックブログ

黒く、楽しく、いつくしむ

フリースタイルダンジョンseason5 REC7【最新モンスター勝敗勝率一覧】"BATTLE OF REGGAE DEEJAY"

スポンサーリンク

フリースタイルダンジョンseason5のREC7は、"BATTLE OF REGGAE DEEJAY"ということで、
REGGAE VS HIPHOPの異種格闘技対決っていうことで、レゲエ界の最強Deejayたち5人が登場らしいです。
ルールも異種格闘技戦らしく特別ルールで審査員もレゲエ界から2名を召集。鈴木紗理奈久々に見ましたが、レゲエ界隈に居たんですね。

さてお恥ずかしながら、オレはレゲエといってもクラシックなヤツしかわかりません。そんな中にもバトルの文化があったんですね。なので噛み合うのかなーってのが正直なところですが、結構激しい感じで熱そうです。それより単純に「異種格闘技」って響きだけで楽しみで仕方ないのはオレだけでしょうか・・・。

season5 モンスター勝敗(勝率)一覧【REC7−5終了時】

まずは2代目勝敗(勝率)一覧表

モンスター 試合数 勝率 クリティカル勝数 クリティカル率
裂固 22 10 12 0.455 4 0.400
呂布カルマ 21 16 5 0.762 6 0.375
輪入道 20 11 9 0.550 6 0.600
FORK 14 9 5 0.643 3 0.333
崇勲 21 10 11 0.476 7 0.700
ACE 22 9 13 0.409 5 0.556
般若 9 6 3 0.667 4 0.667

※ラスボス般若のみseason1〜5の通算成績です。

雑感

REC7-1雑感

まずはKYO虎登場

相手はACE。
KYO虎カッコイイですねー。しかもがなり声がすごくいい。そして関西の方なんでこんなに面白いんでしょうね。
ゲスト審査員の三木道三なんかもそうですが、関西なまりがなんとなく合うんですね。これはhip-hopにも言えるかもしれないんですが、これが普通の歌の歌詞だとイマイチしっくりこないところあるんで発見かもしれないですね。
バトルはKYO虎先行でのっけからガンガン飛ばして韻も決まってるし、何より声と滑舌いいんでめちゃくしゃ心地良く聞こえますね。ACEも対抗してアンサーが面白かったんだけど結果2round目で逆転クリティカル負けとなってしまいました。

次の相手は裂固です。
紹介Vでもあったので誰かしらが突っ込んでくるであろう「ネタ仕込み」について触れてきます。でもKYO虎そこまでネタ感は無い感じで、案外即興で返してる部分もあるので普通にバトルスキルはめちゃ高いんじゃないでしょうか。まぁでも最後は確かに当初の勢いが落ちてきてる感じは拭えなかった感じですね。僅差だったとは思いますが、裂固が勝利。いやー先鋒から結構イキのいいパンチがある感じなチャレンジャーが来ましたが、モンスター大丈夫でしょうか。確かに本recは一筋縄では行かなそうです。

REC7-2雑感

2人目チャレンジャーPOWER WAVE登場

若手らしくビックマウス。勢いもありバイブスフルでいいですね。
相手は輪入道。
これはバチバチな戦い必至か。
POWER WAVEが押韻も硬く熱いのに対してピッタリ合わせてくる輪入道。こうなると輪入道に分がありますね。
3round目にもつれ込んでPOWER WAVEが先攻を取ったのに対して輪入道がまさかのレゲエのビート選択!
この時点で半分ぐらい勝負決まったような感じがしましたね。そういう逆を突くというか、敢えて選択する戦略も上手いっすねー。輪入道にしたらビートなんか関係ネェって感じなんでしょうかね・・・。
結果、接戦を輪入道が制しPOWER WAVE敗退。

3人目チャレンジャーAICHIN

相手のモンスターは崇勲。
今までのバチバチ感から一転、過去ダンジョン史上この上ないってくらいなピースフルなバトル展開。これには調子を狂わされたかAICHIN持ち味が出し切れなかった感が残り、2round目で崇勲がクリティカル勝ち!

4連勝の崇勲しかも4連クリティカル勝ちという上り調子。そして特番でも呂【コンプラ】・・・あぁ・・これ以上はネタバレなんでこの辺でヤメときます。

REC7-3雑感

4人目チャレンジャーCHEHON

年末年始を挟んでの久々の通常回はCHEHONから。レゲエ界の重鎮らしいです。
もう後ろに行くにつれて期待値が上がっていくっていう図式が出来上がってますので外せないプレッシャーがあると思いますが、そういうの動じないタイプのチャレンジャーが後ろにきますよね。
まずは、ACEがモンスターで登場。
これは、案外ACE調子良かったのかなーと思って観てて、持ってっちゃったかなーなんて感じてたんですが、判定はストレートの2−0でCHEHONが突破するという内容。まぁ僅差なのは間違いないんですけどね。

2人目のモンスターは崇勲。
ネタや仕込みを使いまくると公言してはいるREGGAE DEEJAY陣なんですけど、そこまで不自然な感じはしないですよね。また、CHEHONも韓国系ですが日本の中でいうと関西系。なんか関西訛りの方がREGGAEやRAPにハマる気がするんですけど、そういうもんなんですかね。
結果は2ラウンド目にクリティカルでCHEHONの勝利。
なんかサクッと二人抜かれてしまった感じですが、次回呂布カルマ登場らしいです。どうなる事やら・・。なんせ呂布カルマ無敵状態ですからね・・・。うーんオレとしてはFORK戦が観たかった。

REC7-4雑感

CHEHONの3人目の相手は呂布カルマ。
これが呂布カルマがストレートで負け。いまいち攻めきれなかった感が残り淡々とネタながらも盛り上げたCHEHONが優勢勝ちといったところか。
これで30万獲得でヤメという選択をされる。うーん次勝ったら般若かヤメかっていう選択になるのでやっぱ3人抜きでヤメってのが一つの分岐点なんでしょうかね。

5人目チャレンジャーNG HEAD

相手は裂固が登場。
相手はレゲエチームの大将なのにもかかわらず、裂固がガンガンdisりまくって、全く恐れなかったのが良かった。そしてその中にしっかりアンサーしてる感じがポイント高かった感じですね。僅差ながらも大将のバイアスに飲まれず裂固勝利。

REC7-5雑感

このrecもう終わって次recかと思いきや、6人目がrecommend枠で用意されました。

我次郎MIC登場

エンターテイナーがきましたねー。こういうのめっちゃ好きです。見た目はラップする鉄拳みたいな感じだ・・。
相手はようやくFORKが登場。
これもう存在だけで面白いタイプの我次郎MICですが、ラップさせるとさらに面白いっす。久々に面白い笑えるバトルが見れましたよ。
これは結果的に鈴木紗理奈のストップがよかった。最終的に負けてしまいましたが、もっと見たかったですね・・・。
しらねぇ7連発からのヒラメ、カレイ。クソ笑いました。

輪入道あたりとやっても面白かったんでしょうけど、輪入道は相手の土俵に合わせちゃうんで、敢えてFORKが変わらない合わせないスタイルなだけにめちゃくちゃ面白い化学反応になった感じでしたね。



まとめ


season3までの初代モンスター全勝敗一覧はこちら

私の彼氏はREGGAE DEEJAY

私の彼氏はREGGAE DEEJAY