ブラックブログ

黒く、楽しく、いつくしむ

モバイルバッテリーは「Anker」よりも「cheero」でしょ。となった理由

スポンサーリンク

モバイルバッテリーをお探しの皆様こんばんは。

実は先日モバイルバッテリーをバックごと豪快に盗まれまして・・・、


なんぞ神楽坂の中心から愛を叫んだわけですが・・・。
ポリスには諸々届出はしたんですが、人が死んでないとポリスは本気を出してくれないので帰還することはほぼほぼ諦めてますということで、このままではお仕事、ウバ活、等々に支障が出ますので早速代替品を調達しなければいけない自体に陥ってます。
まぁそれはいいです。

オレのモバイルバッテリー遍歴

まずはこれまでお付き合いしてきたモバイルバッテリーたちの紹介です。(すいません自分語りにしばしお付き合いください)

【初代】 ANKER Astro M3 13000mAh

2014年5月22日購入
¥ 3,295
現在は販売してない模様です。楽天で中古を見ました。

【主な仕様】
●入力 :5V / 1.5A
●Androidポート出力 :5V / 1A
●Appleポート出力 :5V / 2.1A
●合計出力 :5V / 2.1A
●サイズ :約147 × 62 × 22mm
●重さ :約291g
●型番 :79ANM3-WA
●容量 :13000mAh

当時は大容量でよかったんですが、いかんせん重かった。
息子にあげました。というか借りパクされました。

後継機はこれですかね。

実はこの前にも少容量のやつ使ってたんですが、記録がなく書けません。当然販売中止になっているでしょう。
これは小さくて使い物にならず娘にあげましたが、軽かったんですけど、ダサカッコ悪かったせいか娘もたいして使ってませんでした。

【2代目】cheero Power Plus 3 13400mAh

2017年5月21日購入
¥ 2,580

まだ現役です。しかも購入価格より高くなってる。

[内蔵バッテリー/容量] リチウムイオンバッテリー/13400mAh 3.6V (48.24Wh)
[本体サイズ/重量] 92 × 80 × 23 mm/245 g
[本体充電時間/推奨使用回数] 約 8 時間(2A USBアダプター使用時)/約500回
[入力/出力] DC 5V 2A / DC 5V 3.4A(合計) Auto-IC機能搭載
[付属品] 本体充電用USB-MicroUSBケーブル、取扱説明書、保証書(1年保証)

直近でこれ使ってましたが、正直気に入ってたので、盗難は痛かったです。まだこれより軽いモデルも出てないし、寿命的な衰えも感じてなかったし。

というわけで三代目を探す旅にアマゾンを物色してきました。

三代目モバイルバッテリーノミネート

前提条件

  1. 10000mAh以上
  2. 2ポート
  3. 軽さ重視

iPad充電に耐えれるに最低限必要な容量で、複数端末持ちなので同時充電もしたい。ただ容量と重さはトレードオフなんで、その辺りが悩みどころ。

まずはコレ!

cheero Power Plus 3 13400mAh

¥ 2,980/320 g
リピートかいっ!
って思うほどコレ気に入ってたんですよね。ただ同じものを2回買うっていうと芸がないのも確か。
使い方振り返ってみると、ここまで容量いるかってのはある。あと若干重くもう少し軽くしたいのもある。
今までバッテリーがすっからかんになるまで窮地になったことは数える程しか無いし。今は新幹線、高速バス、お店入れば電源がある席も多くなってきたので容量的にワンランク下げて軽さを追求してもいいかなと。


そこで、モバイルバッテリー最大手アンカー登場!

Anker PowerCore Lite 10000

¥ 2,999/211 g
薄くてこの形状もイイね!
しかし、コスパがねー・・・前述の「cheero」買えるかんね。

ということでもう少し探してみると・・・

フィリップス PHILIPS モバイルバッテリー 10000mAh

¥ 2,580/218 g
コレもイイねーさらに薄いし、コスパもいい!
かつて有線イヤホンがコスパ最強で音もよく愛用してたのでオレとしては信頼性も持ってますPHILIPS。
差別化されている特徴としてMicro USB とType-C 両刀使いで充電できるのはいいんだけど、必要あるかぁ・・ってのが正直なところ。過剰設備なんではないかと・・・。

そして、次・・・やってくれました。cheero!

cheero Power Plus 3 10050mAh

¥ 2,380/192 g
要は盗まれた機種のひと回り容量小さいバージョンです。
コスパいいし、軽いし、+50mAh勝ってるし。
あえていうのであれば前述の機種たちに比べると薄くない やや寸胴型タイプ。
でもオレはiPhoneと重ねて使うことも無いのでそこまで薄い必要無いってことになった。
あとこのデザインなんか好きなんですよねー。バッテリーに限らずcheero製品のデザインが好きなんで最終的にコレに決めた。

cheero製品について蛇足

cheeroを初めて知ったのはモバイルスピーカーだったんですが、これがかなり良かったんで好きになったんですよね。
デザイン、コスパ、音質と三拍子揃ってた。
www.amazon.co.jp
しかし今では売ってません。後発で似ているデザインがいろんなメーカーからたくさん販売されてますが、当時は先駆けだったような・・。
https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/137/137922/
まぁ結果、これも息子に借りパクされたんですが・・・w。

まとめ

モバイルバッテリーをアマゾンで物色すると検索順位的にやたらアンカー製品が強めなんですが、なんなんですかね?
政治的というか見えない力的な何かを感じずにもいられないところですが、チーロの方がコスパも重量も秀逸って結果になってますし、アンカー製品ってデザインがそこまでカッコ悪いってわけじゃないんだけど、どうしてもcheeroの方がカッコ良く見える。
まぁデザインは個人の好みがですけど、cheeroが分厚いといっても問題になるほどの暑さでは無いと思ってますんで、ぜひ比較検討してみてはいかがでしょうか。
ちなみにオレはダンボー系デザインが好きなわけではなく、アレは無駄に高いとしか思ってませんw・・・。

追伸(その後)

その後、cheero Power Plus 3 10050mAh については今度は中学生の息子に借りパク気味にあげた、と言うより正確に言うとオレ的にやっぱ容量が物足りなかったので、結局盗まれた
cheero Power Plus 3 13400mAh

これをを買い直すと言う結果に落ち着いてます。