ブラックブログ

黒く、楽しく、いつくしむ

#8 【続・ブラックワイフ】探偵ごっこ物語

スポンサーリンク

相変わらず夜に帰ってこないヨメ

2018年3月。夫婦の言い争いは無かったものの冷戦状態が続き、ヨメの戻ってきて欲しいという主張を受け入れたオレは、再び別居したくなるくらい嫌気がさしていた。
だがしかし、ほとんど帰ってこないヨメがいない中で、子供と過ごす時間はまんざらでも無かった。いやむしろ楽しかった。逆にオレが別居しようにもヨメが帰ってこない中で、この子供達を置き去りにして家を出るというわけにもいかないのもあった。

ヨメは、友達のいるスナックに行く。コンビニに行ってくる。相談を受けて話をしてくるなどと、手を替え品を替えるように要件を言って、深夜に出かけて朝帰り、いや週末はほぼ昼帰りを繰り返していた。
正直何をそんなに飲みに行く必要があるのか。オレといる家が嫌なのか?それとも男でもできたのか?いや、ひょっとしたら給料が少ないので生活費を稼ぐために、オレに内緒でスナックで水商売のバイトでもしているのか?これが一体いつまで続くのか?終わりはあるのか?
冷戦状態だとはいえ、ここまで帰ってこない頻度が高いと流石に気になった。真実を知るためにオレは探偵の依頼を康夫に託した。

素人探偵康夫

いやもう全くの未経験なわけだから探偵ごっこみたいなもんだ。あまり期待はしていなかった。しかし、プロに依頼する金もないし、ヨメの外出中にはオレ自身は小さい子供をほっぽらかして独自に調査するわけにもいかないし、選択肢は無かったし、とりあえずダメ元でもやってみることにした。それで手がかりが得られればラッキーぐらいな考えで始めたことだった。

ヨメが夜から深夜に出かけそうな日のあたりを付け、康夫の都合が悪くなければ出動するという方式で、狙いは金曜と土曜の夜。このどちらかは固かったのでまずはそこに照準を合わせてみた。

最終的にまず動くことになった日は土曜日の夜。その日は長男の誕生日のお祝いで食事会をすることになっていた。土曜の夜は堅いとはいえ息子の誕生日の夜にまでのこのこ出かけていくとは思えずその日に動きがある可能性は低いと思っていた。
もし動きがあるとすれば、食事会が終わって家に帰る途中か、家に帰ってから再度外出するかのどちらかだ。

康夫に出動の要請をして食事会の焼肉店の駐車場から張ってもらう事にした。焼肉店を出る際に、どこかに寄ってから帰るわ・・・。となるパターンも想定していたからだ。
しかし、車に乗り込み普通に帰る事になる。まぁ当たり前といえば当たり前の動きなはずだが、もし抜けるなら一番濃いパターンだと思っていたので正直若干拍子抜けしたのはあったが、まぁこんな日にも夜中に出かけることもないか・・・とも思っていた。

そして家に着き車を降りる際にヨメが動いた。
「ちょっとコンビニ寄ってから帰るわ・・・」

キタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!

テンプレのような言い回しに心の中では狼狽しつつも
「お、おう・・わかった」
と平静を装い、車庫入れをしつつ興奮に震える手で康夫にLINEで万一動きがあった時に送るスタンプで重要局面である旨のサインを送った。




【つづく】

ヴィーナス誕生

ヴィーナス誕生