ブラックブログ

黒く、楽しく、いつくしむ

椎間板ヘルニアになったので、絶望から自然治癒までの経緯と経過を書いとく

スポンサーリンク

「椎間板ヘルニア」について気になっている皆さんこんばんは。
それは椎間板がヘルにニアーな状態な病気らしい。
わかりづらい。
もう少しわかりやすく言うと、地獄(hell=ヘル)近い(Near=ニアー)地獄に近い痛みを伴う病気らしいです。・・・一説によると。
多分俗説だろう。まぁそれはいい。
そんなんで地獄に落ちる痛みから自然治癒するまでの経緯でも書いておきますので、お悩みの方は参考にしてください。

引っ張り作業で激痛とともに発症

親の手伝いで庭いじりをしているところで、とても根深い植物(名前は忘れた)を根っこごと移設する作業をしていたんだが、雑草でもなんでもあとちょっとでなかなか抜けないのが植物ってもんだ。
移設対象の植物をだいぶ掘り起こしたところで引っこ抜こうとした瞬間、背中の腰よりで「ブチ!」って音がした。いや音がした気がしただけで実際音は出てないかもしれない。とにかく腰に異変が起きたのは間違いなかった。
左の背骨、腰に近い部分。これってギックリ腰ってやつかぁ〜っ「魔女の一撃」食らったか〜と思ったけど、確かに激痛はあったけど歩けないってわけではない。その後引っ張る作業は痛みが怖くてもうできなかったけど、日常生活には支障のないレベル。
痛みも徐々に引いてきて一週間ぐらいで概ね治った。

左太腿(ふともも)に脱力感の発生

その後、腰の痛みが引く頃の1週間後ぐらいの話。痛みがあったというより左足に違和感があった。力が入らないのでスクワットができない。歩けるけど走れない。ウバ活の自転車もなんとか漕げるけどスピードが出せない。腰は痛めたがなぜ足にくるのか?神経系やられたかな・・・と思いながらもこれが1週間くらい続いて自然に治る様子がないので、整形外科に行ってみる。
痛みよりも力が入らないって事象は正直怖い。しかも直接衝撃があった腰以外に起きているのも不安だ。
あまり病院には行きたくなかった。理由は別に痛いとか注射が嫌だとかそんなんじゃない。
こういうのって絶対レントゲンと撮るじゃん。レントゲンってクソ高いですよね。それが嫌だったんだけど、そのうち腰の違う部分も鈍痛がきたり太腿が痺れたりしてきたので、このままだと左下半身不随になって車椅子になったり、オチンチンも機能障害ってのはもっと嫌だったので不安になって渋々町医者の整形外科に行ってみることにした。

整形外科の町医者に行く

やっぱり案の定、速攻で「レントゲン撮ってください」だった。
レントゲンの結果を見ると「なんか少し背骨ズレてますね。」みたいな話だった。
そんで「これじゃわからないのでMRI取ってきてもらえますか?」とのこと。
メディカルスキャニング」ってところ紹介状書くんでそこなら全然待たないですぐ撮ってくれるから。」
いや、待たないのはそれはそれで嬉しいんですけど、待ち時間とか割とどうでもいいんだけどMRIってレントゲンより絶対高いよね・・・
ってかレントゲンが使いもんにならんのなら初めからMRI取りに行きたかった。
その後少し腰を牽引してもらい、とりあえずロキソニンのジェネリックとトアラセット、あと湿布を処方してもらい、紹介状をもらって帰った。

MRI屋さんの「メディカルスキャニング」に行く

完全予約制で事前予約したこともあり、町医者の言うとおりで確かに時間はかからなかった。
MRIは初体験で閉所恐怖症は大丈夫か?とか言われたが、案外頭上は空間が抜けてたし、ヘッドホンを付けて音楽を聞いてた割には音楽が意味ないくらい音がやかましかったけど、特に問題なく撮影は終わった。
受付から1時間くらいで撮影は終わり、さらに1時間後くらいにはCD ROMを渡してくれた。
しかし、やっぱりレントゲンと同じくらいか約8,000円かかった。カード払いが使えたのと、もう少し高いかと思ってたので良かった。

CD ROMを持って再び町医者に行く

なんて言われるのか不安だったが、MRIの画像を見た結果
「椎間板ヘルニアだね」
という診断結果だった。
聞いたことあるな。とりあえず、聞いたことあるやつ、まぁまぁよく聞くやつで良かった。
よく聞く病名=すぐに治る そう思った。
少なくとも「椎間板ヘルニアで死んだ」 とかは聞いたことない。ざっくりすぎるが取り急ぎそういう認知。
で治療法は?と聞くと、基本は手術なんで腰の手術できるいい病院紹介しますよ。とのこと。
「自然治癒とかしないんですか?」と聞いてみたが、そういうケースもあるらしいが、手術するしないは相談するとして、とりあえず専門の病院行ってみたほうがいいと思います。とのことだった。

「椎間板ヘルニア」が確定したのでWEBで調べてみた

病名がわかれば対策や治療法なんかはwebなんかで調べればある程度自分でもわかる。
ざっくり調べた結果、重度の場合確かに手術が必要なようだが、注射とか自然治癒も全然あり得る話らしい。中には体操で治っちゃう的な嬉しい話もあった。
しかし反面、重度の場合にはおしっこがコントロールできなくなるらしい。これはこれで怖いね。
その時は、おしっこもザーメンもコントロールできていたので、超重症ということはなさそうだ・・・。
(あぁザーメンは関係ないかもしれん)
あとは、インナーマッスルを鍛えないと治っても再発するとか筋トレはしたほうがいいのかもしれない。しかし微妙に腰が痛むのと、筋トレでまた椎間板がヘルニアしちゃうのも少し怖かったので、腰に負荷がかかるのは痛くない程度に筋トレもしてみた。
あとホントかどうかわからないけど椎間板ヘルニアが治ったという体操なんかも少しやってみたりした。毎日じゃないけど。
rocketnews24.com
ソースが若干怪しいといえば怪しいが、結構深刻でこういう時は藁にもすがりたくなるもんですし・・・

専門の病院、参宮橋脊椎外科病院に行ってみた

その腰の手術ができる病院も新宿からそこそこ近く、行きやすかった。
とりあえず電話してみると、紹介状があっても完全予約制とのことだったので、その電話で予約までする。
結構人気なのか、先生が少ないのか事情がわからないが1ヶ月弱先の予約となった。

予約の日までは、町医者で処方してもらったロキソニンを欠かさず飲んでやり過ごしていた。飲まないと痛くて集中力が持たないので、毎食後欠かさず飲んでいた。5時間くらいすると痛みが復活してくるので薬が切れるのがわかった。
二週間飲んだがあまり改善せず、おかわりを処方してもらいに行った。

約1ヶ月後、予約した日に病院に行ってみる。
とても綺麗で病院とは思えないような外観、中に入ると完全予約制だからなのか、広い割に空いていてとても快適な病院だった。
実はこの時痛みは結構治っていた。太もものしびれや脱力感もだいぶ軽くなっていてこのまま治っちゃうんじゃないかっていう雰囲気はあった。
専門の先生にMRIのCDだかDVDを渡して話を聞いた。
そして力の入り具合のテストをして、この分なら自然に治るかもしれないですね。とのことだった。
そして1ヶ月後再度MRIを撮って経過を確認しましょうということで、1ヶ月半後にMRIの予約を入れてた。
薬は痛み止めのロキソニンは痛くなければ飲まなくても良いです。ということで、ビタミンB12の薬を処方してくれた。
メコバラミン:メチコバール
1ヶ月分くらいもらった。ガチで治したいんで毎食後飲んでます。

三週間後ほぼ完治か?

上記専門の病院に行ってから3週間経ちますが、痛みも痺れも違和感もほぼなくなり治りました。ロキソニンももう飲んでないです。
思い出した頃に少しだけ違和感がありますが、週末に全力疾走できれば自分の中では完治と判断したいと思います。

まとめ

治ってきた頃に、椎間板ヘルニアを治せる という本も読んでみようと思ったけど、治ってきたんで半分くらいしかまだ読んでない。

椎間板ヘルニアは自分で治せる! (腰・首の激痛、手足のしびれが消失!)

椎間板ヘルニアは自分で治せる! (腰・首の激痛、手足のしびれが消失!)

ただ、ざっくり本に書いてあることは、基本は安静よりも可動域増やしたり、姿勢は正しくして、ハミ出ちゃった椎間板引っ込める方向に体操しましょうって理論だったので、あながち間違った行動はとっていなかったんだと思います。

やってみたこと

・痛み止めの薬(ロキソニン)飲む
  →というか痛くて飲むしかなかった。

・ビタミンB12を飲む
  →専門の病院で処方されたやつ

・筋トレ
  →痛かったけどインナーマッスルも大事と聞いて腹筋は頑張った。

・体操
  →痛くない程度にホントは毎日やりたかったが2〜3日に1回くらい。

発症が6月下旬くらいだったので、2ヶ月間くらいで治った感じでしょうか。
ロキソニン以外は色々やってみたのでどれがどんだけ効果あったのかわからないけど、とりあえず手術しないで治りそうなので良かったです。