ブラックブログ

黒く、楽しく、いつくしむ

フリースタイルダンジョンseason7 REC2【3代目モンスターデビュー】新ルールの雑感

スポンサーリンク

フリースタイルダンジョンのネタバレが気になる皆さんこんばんは。

オレはネタバレ材料は持ち合わせてません。悪しからず!
さてと、ついにフリースタイルダンジョン3代目モンスター最後の1枠がTKだ黒ぶち決まり揃いました。

新たなシーズンでチャレンジャーを迎える初バトルとなったわけだが、かなり斬新に新ルールをぶっ込んできたんで若干複雑な感じはしますが慣れればどってことないでしょう。なかなか面白そうです。まずはその雑感でも書こうかなと。
あと戦績をまたつけていこうと思うのですが、FORKと呂布カルマ、或いはR-指定の扱いを通算でカウントしていくか、一旦リセットして新シーズン7からゼロスタートするのか迷ってます。現状としての思いは一旦リセットしてカウントし直すだと思ってますが、もう少し悩んでみようと思います。

新ルール雑感

さて、なんとこれもサプライズだったんですが新ルールというか追加ルールというかバトルを盛り上げる演出が追加されましたので、とりあえずそれらについての雑感でも書こうと思います。

ダンジョンルーレット

バトルビートのBPMとTURN(小節数)は、各ラウンドの開始前にチャレンジャーが回す「ダンジョンルーレット」により決定される(下表のBPM4種類、TURN5種類の20通りの組み合わせのいずれか)。

BPM TURN
LOW(~84) 8小節×2ターン
MIDDLE(85~114) 8小節×3ターン
FAST(115~) 8小節×4ターン
アカペラ(0)※60秒×2ターン 16小節×2ターン
32小節×1ターン

これルーレットボタンで止めるの見ましたけど、いわゆる「目押し」はできない仕様ですよね。てことはゲーセンとかのそれと同じようになんか恣意的に止められている気がしてなりませんね。或いは完全確率で抽選してるのかもしれませんが、それにしても初回に無難な8×3が出てくるあたりがなんとも言えないところです。あともう8×2はいらないでしょというのが個人的な感想。
32×1とアカペラが観れるかもしれないのはかなり新鮮ですね。

チャンスカード

チャレンジャーには挑戦前に3枚の「チャンスカード」が与えられ、任意のラウンドの開始前に使用できる。
BEAT:1ラウンドに限り、ダンジョンルーレットの「BPM」の出目を指定できる。
TURN:1ラウンドに限り、ダンジョンルーレットの「TURN」の出目を指定できる。
CHANGE:対戦するモンスターを変更することができる。ROUND1開始前にのみ使用でき、対戦相手を指名することはできない。

これは素直に面白いと思います。うまく使えれば若干チャレンジャー有利な仕様かと思います。
やっぱり鍵はCHANGEカードじゃないでしょうか。これ2〜3ラウンド目で使うとどうゆう状況になるのか気になりますが、今後解明されるとは思いますので楽しみにしたいと思います。
あとターンでも16×2とかも上がりますねー

いやーこの新ルールの使い方としてのテクニック面も含めて今後が楽しみですね。

一網打尽 REMIX Feat. NORIKIYO, SHINGO☆西成, 漢

一網打尽 REMIX Feat. NORIKIYO, SHINGO☆西成, 漢