ブラックブログ

黒く、楽しく、いつくしむ

#9 【続・ブラックワイフ】謎のハマの番長が登場!

スポンサーリンク

結果を残してくれた素人探偵

康夫はヨメの尾行を開始して、可能な範囲でLINEで逐一報告してくれた。
コンビニに行くと言ったヨメは確かにコンビニに向かって行った。
しかし、最寄りにあるコンビニではなく少し遠めのコンビニだった。
それは明らかに買い物をするためのコンビニではなく、待ち合わせの場所だったようだ。

店に入らず店の前で待っているヨメの写真がスマホに送られてくる。
人を待っているようだ。程なくすると男が現れヨメと合流したようだ。

二人は話をしながらそのコンビニから近くの公園へ移動してベンチに座り話をしているようだった。また、特段いちゃつく様子や手をつなぐだとかはなく話をしているだけのようだった。
そして公園を出た後は近所の人目のつかない路地をグルグルと会話しながら散歩して1時間ほどで家に帰ってきた。
1時間で帰ってきたのは予想外だった。コンビニに行ってくると言って出て行った日でもこのところ朝まで帰ってこなかったからだ。

謎のハマの番長

素人探偵康夫によると、見た目は同年代の40代で中肉やや長身といった風貌で引退した「ハマの番長」要は横浜の三浦ににていたらしい。
久しぶりにあった感じではなく頻繁に会っている雰囲気だったという。
確かにもし久しぶりに会ったのだとしたら、「ひっさしぶりー!」みたいなリアクションがお互いあったりするもんだ。それが無かったと・・・。確かにそれはかなりの根拠になる。
探偵の仕事をやってみたかったと言っていた康夫だったが、素人にしてはなかなかできるヤツだった。

ヨメと別れた後に、今度はハマの番長を康夫はしっかりと尾行していた。そして住んでいるマンションとエレベータの表示された階数から大まかなフロアを確認していたのだ。
流石に部屋番号までは特定できていなかった。
でも住んでいるマンションがわかれば今度はそこのマンションで張れば部屋の特定はできるし部屋がわかれば人物の特定もできる。素人探偵康夫にそこまではやってもらいたかった。

しかしそのハマの番長が一体誰なのか何者なのか、想像がつかなかった。オレの知りうるヨメの人間関係のプロファイルの中では、結婚する前の元カレかもしれないってことぐらいしか思いつかなかった。それはもう20年前の話なので流石にその線は薄いと思う。オレが知りうる人物がそれしかないだけで全く別の人物かもしれない。それか、たまたま今日は単なる友達なだけのハマの番長に会っていただけで、別にいつも会っている人物がいるのかもしれない・・・。

初回の調査だけでここまで情報を得てくれた康夫には感謝、マジリスペクトなんだが、中途半端にわかった事実でオレの頭の中はかえってモヤモヤする事になった。
ハマの番長が何者なのか? あるいはヨメの真の夜中の外出先はどこなのか? 日を改めて康夫に調査依頼を託すしかなかった。

それに対して康夫は快く引き受けてくれた。
そしてマンションが特定できた事によりオレ自身の独自の調査も始めることにした。



井上和香写真集 WAKASHIBORI

井上和香写真集 WAKASHIBORI



【つづく】