ブラックブログ

黒く、楽しく、いつくしむ

【Uber Eats】50回配達した雑感 〜勝ち逃げの分岐点〜

スポンサーリンク

Uber Eatsの配達パートナーで50回配達できずにドロップアウトしてしまったみなさまこんばんは。
オレはオレで、配達員を続けて頑張ってます。

50回配達を達成したので、雑感でも書いとこうと思います。

達成状況

日数

7稼働目で達成(初日から15日後)

時間帯と曜日

平日は夜
土日は日中帯から夜にかけて

主要な活動エリア

基本は新宿エリア
飛ばされた時のみ渋谷区、港区でも滞在
中央区、千代田区も飛んだ結果稼働した

乗り物

全て赤チャリ


売り上げ関係(収入)

※週間での集計なので、63回配達時点
(50回で区切るのがめんどくさいのでご容赦願います)

配達回数①

63回

売り上げ②

45,744円
(ブースト、クエスト達成インセンティブ、初回50回までのインセンティブ含む)

オンライン時間③

46時間37分
(調査のためオンラインにしていた時間を含む)

時給換算②/③

981.2円

1回配達あたり単価②/①

726円

評価

bad・・・3回(注文者のみ)

経費など

用具類

簡易カッパ(100均製)324円
本格的なカッパ(amazon製) 2,900円
ベースボールキャップ(amazon製) 1,050円

赤チャリレンタル代

2,000円
(月額4,000円の15/30ということにしとく)

経費合計④

6,274円

その他収入⑤

紹介コードによるキャッシュバック

20,000円
(50回達成時にゲト)

利益

(売り上げ②)−(経費合計④)+(その他収入⑤)
=59,470円

こんな感じです。

まとめ

50回はある意味節目です。
紹介ボーナスのキャッシュバックがあり、1回配達あたりの単価保証700円(実際は=50回で35,000円)があり、これで美味しいところは全部食ってしまいました。
これが今後無くなってしまって、続けるかどうかの分岐点です。
まぁここで辞めればある意味勝ち逃げなんでしょうが、Uber Eatsこの稼業の最大のメリットは好きな時間にできて時間に縛られない点なのは間違いないです。収入面であればシフトがっちり入れて時給1,300円くらいの配達バイトもあるにはあるので、その方が硬いんでしょうが、それを上回る自由さがあります。
また、季節要因で稼ぎやすさも変動しそうな感じです。いまは気候がいい季節なので、走ってても気持ちがいいですが、今後冬にかけて寒さとの戦いの試練になるのは間違いないですし、クリスマス、正月となった時にどんな感じになるのか見てみたい気もします。
なので今後ももうちょっとデータでも取りながら続けてみようと思います。

gjcc.hatenablog.com