読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラックブログ

リアルタイム黒歴史

「フリースタイルダンジョン」観てきたぞー!

フリースタイル レポート

いやー行ってきましたフリースタイルダンジョン。

今回は

season3 rec5

いまrec3が終わったところなので、放送は単純予想で1ヶ月半〜2ヶ月後ぐらいですかね。
まず、感想。
ありきたりですけど、非常にヤバかったでーす。
毎回、神回だったという話もチラホラ聞かれるみたいで、神回詐欺なんじゃないかという声も聞こえてきそうですが、あえて言おう
神回だった、今回も

と…。
ある意味毎回神回だったと言われているのであれば、これは素直に受け止めれば神回が更新されているって事。やっぱこの番組、フリースタイルダンジョン、とてつもないポテンシャルを持ってる。そう捉えざるをえない。

当然ネタバレは固く禁じられてますので、書く気はありませんが、この現場に立ち会えて幸せだった。幸福感に満ちたりながら収録会場にいたみなさん帰路に着いたのではなかろうか。

なので、内容は後々放送後にでも書くとして、今回は「行ってきた的」な書き方になりますのであしからず。

場所は新木場studio coast


新木場駅から近いので、大概の人は電車で来るんでしょうが、オレんちからは交通機関だとバスが便利。
しかし、本数に難があり、どうしても基本車になってしまう。自転車も行けなくはないが、この季節はちとしんどい。
車で行くときの駐車場ですが、一応新木場駅前付近に、タイムズとリパークのコインパーキングがあるが、料金高めでcoastでなんかイベントやってるって時は満車率高めなんで、夢の島の駐車場が、安くてまあまあ近く便利。
アクセス・駐車場|夢の島公園|公園へ行こう!

普通車
2時間まで300円
以後60分毎に100円
9時間から24時間まで1,000円
※24時間経過以降は、当該料金を繰り返し加算します。

ということで特に問題無く楽勝で停めれました。

歩いて新木場駅方面に向かいます。

コンビニで飲み物買ってく

16時30分集合とのことだが、既に10分ほど過ぎているもののタバコと飲み物を買いたかったのでコンビニへ立ち寄る。
新木場駅前のファミマだが、もうこの時点でダンジョン観にきてるっぽい風貌の人たちがレジに並んで列を成している。
会場内で飲酒は禁止とのことなので、フタ閉めれるペットなどで水分持って行った方がいいです。
小腹空いてる人はおにぎりとか軽食も一応買っておいた方がいいです。スタンディングで食えるもの程度なら問題なく持ち込めますし待ってる間に食えます。
ただ、マックの類は御遠慮いただきたい。そこそこ人が密集してますので。
オレはこの時満腹だったので飲み物だけ買う。そしてタバコは買い忘れた。たぶんすでに少し興奮してたんだと思う。

てくてく歩いて行くと…16:30の集合時間に20分ほど遅れての…

studio coast到着

エントランス付近に着くと、入場を待つ人だかりが出来ていて、メールで届いた当選番号がそのまま整理番号になっていてその番号順に入場できるようだ。オレの当選番号はというと、400番台後半だったんだが、入口周辺で待機する人数から、おそらく推定1,000人ぐらいは箱に突っ込まれるという想定で考えると中の上ぐらいの番号だったんだと思う。
少し待ったぐらいだったので、結果的に遅れてもちょうど良いぐらいだったが、運良く一桁二桁台の当選番号を引けた方は、ちゃんと気合いを入れて集合時間前に着くようにした方が良いです。

IDチェックして入場

さて、新木場に向かうにあたって実は一つだけ気がかりなことがあった。
それはエントリの申し込み内容の年齢を10歳もサバ読んでしまっていたのだ…。

ただ結論としては、これは取り越し苦労に終わって何事もなく入場できた。
というのも、オレのあくまでの仮説だと申し込み時に年齢を申告するという事は、これによるなんらかのスクリーニングが働いていると考えてなんとなくテキトーに若い年齢を書いてしまっていた。テレビの観客先を眺めていてオッさん或いは未成年の入場枠は0か極めて少ないと踏んでたからだ。

入場時のIDチェックはフルネームと年齢が記載された名簿と身分証の名前を照合するという、思っていたよりしっかりしたものだった。しかし、年齢まではきっちりチェックしてなかったためサバ読んだ事は全く問題無かった。
正直、少しタカを括っていて、当選通知メール画面だけあればなんとかなると思っていたんだが、という事は、替え玉するにはエントリした氏名と最低限保険証ぐらいはセットで用意してないとスムーズに事は運ばないってことだ。
追加入場は無理にしても、真っ向勝負で当日現場で違う氏名に振り替えが効くのかが気になるところだが、(ダメとは書いてあるが)もし振り替えできたっていう事例をお持ちの人がいたら教えて欲しいです。

客層

名簿をチラ見したのと会場内をざっと見回したオレの感覚値だが、客層は20代がほとんどという感じ、30代以降もチラホラといたが、40代以上と10代はごくわずかしかいなかった模様。
18歳未満は、中高生とかにも人気ありそうだからもっといるかとも思ってたけど、それっぽい子はいたもののほとんど見かけないところをみると、やっぱり年齢によるスクリーニングは働いているんじゃなかろうか…?
仮にオレが観客選別係だとしたらたぶんそうするもん。
何か問題があった時にめんどくさい18歳未満と、ノリが悪そうな40代以上は、まずカットしてると思う。
まあ、オレはノリノリだったので盛り上げに貢献できたと思ってます。

会場入り〜待ち時間

メインアリーナに入れたのが17:00過ぎ頃。既に400人は入場してる中で張り出しのセンターステージを囲うように最前列の柵沿いはもう人が張り付いてる状況だったが、一番奥のちょうどZeebraとuziさんがいる司会者テーブルの近くでギリギリ柵沿いが確保できた。
小箱なので1階の客席はいわばアリーナとも言えるが、イスなどは無くオールスタンディングで、隙間があれば人が投入されてくるので、良い場所で見たいのはわかるが、最前列が取れないのであれば半端に2列目以降で見るより端っこの柵沿いの方が寄りかかれるし周りに気を使わなくて済む。いくら端っことはいえ、この箱の大きさなら出演者の表情まで十分肉眼で見れる。まあ、これは狙ってそうしたというよりも結果論ではあるが…。

ここからが、結構待たされた。しばらくの間一向に始まる気配が無かった。入場待ちだと思われるが、あのペースだと全部入れるのに60分以上はかかる。
いい場所が取れて確保したいならば、離れるわけにもいかない。なんかコンビニで仕込んできた物を食うか本でも読むか、スマホいじるぐらいしかできないな。

待つこと1時間余りで、ようやく前説が始まった。
進行にあたっての説明があったが、フリースタイルダンジョンの視聴者ならばなんら難しい事はなく、つまりは要所要所でしっかり盛り上がってくれということだった。
もちろんカメラと録音録画はNG。ただし、前説中まではOKとのことだ。
あとは、始まりまでの時間潰しに雑談してる感じだったが、正直この時点で18:00過ぎ、2時間近く立ちっぱなし、午前中仕事だったのと昼過ぎに少しゴタゴタがあったのとで正直疲れてたので眠くなってきた。

会場は、オレらがいるスタンディングのエリア以外に中2階と2階席みたいなのがあって、暗がりでよく見えなかったがちゃんと椅子がある席だった。たぶん関係者だとか、コネのある方からお誘いを受けた人たちなんでしょうが、多少遠くてもいいのであのイスのある席がいいな〜ってずっと思ってた。

いざ収録始まる

やっとジブさんとウジさんの登場で収録が始まった。
とりあえず、うぇいよーーってな感じで、どんな感じで進むのか興味深かったが、一度始まるとガンガンチャレンジャーが紹介されて、モンスターとのバトルをひたすら進める展開。チャレンジャーは誰が出てくるか直前まで知らされる事はなく、テレビと同じように会場のセンターにあるスクリーンにチャレンジャーの紹介映像が映し出されることで初めて知るのだが、ちゃんと過去の実績だとかどんなラッパーなのか事前のインタビューなんかをしっかり作り込んでる紹介映像をこの時点で作ってあるので、ほとんどテレビを見てるのと同じように観戦することができる。

ステージ奥に審査員席があり、その背後にあるこのでかいスクリーンにテレビと同様に映し出される

モンスタールームや、般若ルーム中継も、テレビと同じようにほぼ同じタイミングで振られていた。
つまりは、生放送でやるのをそのまま観てる感じだった。
途中休憩が一回挟んだけど、それ以外は待ち時間もほとんどなく、1ヶ月半ぶんくらいの内容を一気に見れる感じで、とてもエキサイティングな展開が続いた。
バトルが終わったのが22:00ぐらいで、そのあとゲストライブをやって終了。
ゲストライブはステージに向かって左側のDJブースの前がステージになるので、これまた目の前で見られた。

終了、解散

小箱なので退場もサクッと出られて良いです。
終わった後に余韻に浸りながらの帰りにメシでも食いながらのダンジョン談義がまた楽しいんだな。

いつになるかわからんが、放映とまた次回の収録の告知が待ち遠しい。

最後にまとめ

  • 車で行くなら駐車場は夢の島がオススメ
  • 駅前などのコンビニでペット飲み物買ってくか水筒でも持っていけ
  • 当選番号がそのまま入場順。若番引いたらテンション上げてよし。
  • 早めめ入場できたなら待ち時間も長い。
  • ゲストライブはステージ向かって左側。

こんなもんでしょうか…

とまあ、ネタバレ以外はダラダラと書きましたが、これらがタダで見れるならとりあえず満足感はかなり高く間違いないです。と言いつつも、皆さんには観覧の申し込みは極力ご遠慮いただきたい。なぜならまた見に行きたいので当選倍率が高くなるからだww
うぇいよーー!

戦極MCBATTLE第13章 全国統一編 2015.12.27 完全収録DVD

戦極MCBATTLE第13章 全国統一編 2015.12.27 完全収録DVD