読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラックブログ

リアルタイム黒歴史

箱根湯本の駅前にある富士屋ホテルを捨て、立ち寄り湯『かっぱ天国』に挑戦してきた

レポート 旅・出張

今どき珍しい社員旅行

その日は、箱根で温泉旅行だ!わーい!といいたいところだったが、訳あって日帰りしなければならず、実質、風呂入って宴会して終わり・・・というなんともくつろげない旅になってしまった。

宴会場は箱根湯本駅近の富士屋ホテル
<公式サイト>湯本富士屋ホテル (ベストレート宣言) 箱根湯本温泉のリゾートホテル


泊まらないため風呂に入る権利がないオレだったが、立ち寄り湯で入ると2100円別途取るらしい。
バカ高ぇ!!

潜り込めば入れなくもないのだが、それもつまんないのとムカついたのとで、近くで入れる立ち寄り湯を勝手に探して入ることにした。

ネットで探したが、参考にしたサイトはこれ↓たまたま見つけた。
箱根湯本温泉の日帰り温泉オススメ【厳選】15選 |

温泉選びのポイントは・・・

  • 駅近
  • 1000円以下
  • 源泉かけ流し

の3点だったが、箱根界隈の立ち寄り湯は案外高く1000円以下はあまりない。
評価や見た目が少々不安だったがものすごい駅近の『かっぱ天国』にすることにした。
やっぱり露天風呂に入りたい!!
www.kappa1059.co.jp


ここはとにかく駅に近かった、もう駅の上にあるといっても過言ではない。がけ下が箱根湯本の駅で線路だ。
崖の傾斜を開発してつくられた施設になっている。
富士屋側が箱根のメイン、表ならば、こちらはまさに裏。穴場感もかなり漂う。

ちょっと古そうで不安だが、アドベンチャーだと思って階段を上る。

入り口はそこまで悪くない。

が、中に入ると古い上に寒い。

この日の気温1℃くらいだった。床も冷たい。
ていうかここのゾーンは屋根がついているものの、ほとんど外と変わらない。風がないだけよいが、冬はあまりお勧めできないかもしれない。
とにかく寒くて早く湯に浸かりたかった。

シャワーの出は悪くお湯もマックス熱いのしたが、ぬるかった。
もう寒すぎて、体洗うのに、
髪洗う→浸かる→体洗う→浸かる
ってな感じにしないと冷えに耐えれれない。

しかしながら、温泉のお湯自体は悪くなく、温度もちょうどよかった。


金曜日、平日の夕方とはいえ誰一人入っているひとはいなかった。
入れ替わりで都合2人入ってきたがその程度でガラガラ。

風呂の中の画像は、公式HPを参照してください
箱根湯本温泉 かっぱ天国



無料休憩所があったので時間つぶしに入ってみた。
囲炉裏があっていい感じなんだけど、誰も居ないので寒い。
店のおばちゃんがストーブを付けてくれた。
飲み食いできそうな感じではあったが、おばちゃんが全く売る気ないので、注文しずらい。
まぁ、オレもここで何かを飲み食いする気には全くならなかったが・・・。



  • 入浴料 800円
  • ロッカー 100円×2台=200円

計 1,000円 



まとめ

箱根湯本駅至近で1000円以下は魅力なんだけど、コスパ的には500円ワンコインで売りにするくらい捨て身感が欲しかった。

いやー、意地を張らずに、ここは素直に富士屋ホテルの風呂に潜り込んだほうが正解でしたよ。

しかし、前述したようにお湯は悪くないのと駅チカなので、この際どっかに買収してもらって、一から建て替えたほうが、無限に垂れ流している源泉掛け流しを活かせるし、色んな意味でいいんじゃないかと思った。