ブラックブログ

リアルタイム黒歴史。ブラック企業とは無関係です。

【般若に勝つ方法はあるのか?】 フリスタダンジョン雑感 season3rec5-3

だいぶ遅れてますが、見に行った回なのでしつこく雑感書いていきます。

前回のエントリ

今回はrec5-3です。

ファイナルステージ 般若 vs NAIKA MC

  1. 3-2 般若
  2. 3-2 NAIKA MC
  3. 5-0 般若

とうとうたどり着いたラスボス般若、そして初めて観覧に行ってファイナルステージはんにやかぶち当たったオレはとてもラッキーでした。
終わってみれば2-1で般若となったんですが、オレとしてはNAIKAが勝ってたんじゃないかなーと思ってました。
勢いもあったし、力も出し切れてたんではないかと思います。
それでも勝てない般若。
その理由について考えてみました。

般若に勝つには、僅差ではダメ

過去の般若戦はたったの3回

  • 焚巻
  • 崇勲
  • じょう

この3人が相手だった訳ですが、いずれもザックリとした敗因っていうのは、ひとつとしていつもの力を出し切れなかったっていうのがあると思ってますが、ファイナルステージという場所、ラスボス般若の威圧感、これに対抗しながら実力を出し切るってのはかなり至難の技だと思います。

そして、今回般若戦を生で見て感じたのは、やっぱりフリースタイルダンジョンってのは基本無理ゲーなんですよ。でその無理ゲーを全クリしたとしたらこの後どうなんの?っていう話があります。
番組としてもう終わっちゃうのか?
新たなラスボスを迎え入れるのか?
それとも完全制覇者として歴史に刻まれて、今まで通りリプレイで変わらず進んで行くのか?
はたまた、全クリは全くもって想定されてない。そんな感じすらします。

そろそろ4回目のチャレンジャーだし完全制覇する者が出てきてもいいんじゃないかっていう雰囲気や全クリが見たいっていうオーディエンスの思いは間違いなくあったんですよね。しかし、審査員或いは番組制作サイドとしてはフリースタイルダンジョンの全クリのインパクトはでかい訳です。明確にチャレンジャーが上回っていないとジャッジとしてはチャレンジャーの青ボタンは押せないはずです。これはすなわち引き分け、ドローならば、審査員は般若に票を入れるということを意味します。
ボンシンクのタイトル戦もドローならばチャンピオンの防衛が成立するのに似てる感じでしょうか。
もっと言えばチャレンジャーが僅差ぐらいのリードならばジャッジとしては般若の赤ボタンを押してしまうかもしれない。
となると、もう般若が明らかに調子悪いか、めちゃくちゃ圧勝でないとジャッジの票を取ることはできないでしょう。
しかし、その般若、全くもって隙が無いですね。突然出番がポーンとやってきたところでいきなりアクセル全開な感じであのカリスマな雰囲気と熱いラップ。韻も固い。情熱と冷静さを合わせ持っていて、相手のペースに持ち込ませない、好きにさせない。オンとオフの振れ幅のデカさ。ギャップとも言いますが、ああいうスタイルでしっかり結果を残せる男っていうのはカッコイイですねー。
般若の倒し方、倒された時の絵というのがイマイチ浮かびません。
もし、全クリが成されるのならば、チャレンジャーサイドのいろんなラッキーと、ラスボスのアンラッキーが、うまく重なったりして、タイミング良くラウンド1でいきなりクリティカルーーなんていうあっけない終わり方で全クリされるパターンなんか案外ありえるかもしれません。それぐらいタイミングや或いは、それこそ特殊アイテムで攻撃力や防御力を弱らせながらの攻略法みたいなモノがない限り倒す方法はないのかもしれません。

まとめ

みんな全クリ、般若が倒されるところに興味はあるものの、まずはR指定を倒さなけりゃラスボスに進めないってところがますます無理ゲー感を醸し出して楽しいですねー。
まだまだオレのフリースタイルダンジョン熱、MCバトル熱は続きそうです。

THE TALK MAN SHOW

THE TALK MAN SHOW

  • アーティスト: NAIKA MC,ICE BAHN,我次朗mic,TK da Kurobuchi,George Tiger One,晋平太,EST
  • 出版社/メーカー: インディーズレーベル
  • 発売日: 2013/04/26
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
Naikas-Naikdas, a Gujarat tribe

Naikas-Naikdas, a Gujarat tribe