ブラックブログ

リアルタイム黒歴史。ブラック企業とは無関係です。

フリースタイルダンジョン【モンスター勝敗一覧】season4 REC3 かませー!

season4 モンスター勝敗一覧【随時更新中】

まずは勝敗一覧

モンスター 試合数 勝率 クリティカル勝数 クリティカル率
裂固 5 1 4 0.200 0 0.000
呂布カルマ 4 3 1 0.750 3 1.000
輪入道 3 3 0 1.000 2 0.667
FORK 4 4 0 1.000 2 0.500
崇勲 3 1 2 0.333 1 1.000
ACE 4 1 3 0.250 0 0.000
般若 5 4 1 0.800 3 0.750

※ラスボス般若のみseason1〜4の通算成績です。

REC3-1雑感

season4 REC3は、実は観覧募集に当選して新木場に見に行ってます。
まずはチャレンジャー『ID』これは収録順番どおり。
2代目山下最有力候補。ハンパに英語ちょこちょこ入れてくるんで聞き取りづらいけど前回の団体戦より調子良さそうっすね。
そしてモンスター崇勲クリティカル負け。崇勲イマイチキレが無いっすねー。

次はIDと、だだキャラ被りのACE。
良いバトルだったが、なんとかACEが初勝利。
ACEやっと勝てたね。
しかし、ACEって韻踏むのも上手いし、わかりやすいパンチラインで聞き取りやすいし、バイブスも熱いし悪いとこがあまり目立たないんだけど、なんでこう強い感じがしないでしょうかね。FORKに聞けばなんか答えが出そうな気がします。

ゲストライブは「サ上とロ吉」。短時間ながらもきっちり盛り上げて帰るあたり、やっぱエンターテイナーだなぁ。

最後にモンスター勝敗状況は、今回は出番がなかったが、FORK、呂布カルマ、輪入道が無敗。
裂固、崇勲、ACEが1勝2敗と、勝ち組負け組が二分してきました。

REC3-2雑感

チャレンジャー『MC KUREI』は、イケメンだなー。ラップも上手いし韻も面白いし、何よりシンプルで聞き取りやすい。
まずはモンスター裂固。タイプが似てるねこの2人。
拮抗する中、一本裂固がリードしたが、クリティカルでKUREI逆転勝利。裂固負けが続きます。

2ndステージは、憧れの FORKの対決が早速実現します。構図としては、 FORKが格上で、それをKUREIが超えられるかどうかっていうことになってるけど、確かに FORKも上手いし強いが、かなりいい勝負してた印象。
しかし、 「そんなんじゃ視聴者は全力坂見たら寝ちまうんじゃねぇのかなって心配になって来るんだよね」
これは確かにウマかった。この番組放送時間までを考えてるあたりは、モンスターとしての意識高え!

モンスター勝敗状況は、 FORK全勝キープ。裂固は、勝率0.25でワーストと、対照的な2人の結果。
裂固ガンバレ!

REC3-3雑感

まずは、チャレンジャー『MC松島』。
どう攻めて来るのか興味深かった松島は長渕ネタで輪入道をハメようとするが、ブレずにど真ん中からアンサーする輪入道。そんなやりとりが、ひと味違って面白かった。モンスターそれぞれに対策を考えていたようなので、もう2〜3試合見たかった。

次は『MU-TON』。人気あるようで登場の時点で相当盛り上がってますが、たしかに正直カッコいい。
呂布が言うディスの通り、字幕あっても何言ってるかよくわからないところあるけれど、それを差し引いても雰囲気、独特の間、全く負けてる感じがしないです。見た目はダラっとしてるけどラップやらすとギャップがヤバいですねー。

モンスター勝敗状況は、輪入道が3連勝で無敗を守って、3連勝してた呂布カルマは守れずにここで土が着いてしまいました。ここまでオールクリティカル勝利だったんですけどねー。残り無敗はFORKだが、今回は出番無し。

REC3-4雑感

まずは『MU-TON』の続き2ndラウンド。
相手はモンスター裂固。うーんこの2人同世代なはずなんだけど、タイプ全然違いますね。
1stラウンドでは、若干堅くぎこちなかったMU-TONが、だんだん脂乗ってきた感じで上がり調子のなか裂固もなかなか良かったんだけど、クリティカルでMU-TON勝利。これは文句なし。裂固恐ろしいところなかなか勝てない。ガンバレ。
そして、まさかのっていうか少し予告してはいたけど、ここでMU-TONは20万獲得して降りてしまいました。もっと見たかったのに〜残念。
このMU-TON、このまま続けてたら止まらない雰囲気ありましたが、奇襲で崇勲とか、あっつ熱の輪入道なんかぶつけてみたら面白そうなんて思ってましたがどうなんでしょう。

次のチャレンジャーは『押忍マン』登場。
コレは否が応でも上がります。相手はACE。
言うことが面白く、韻も硬い安定の押忍マン。少し疲れてるようにも見えたけど、逆転の2-1で倒します。
ACEもかなり良かったと思うんですが、軽い印象とかなり突っ込まれすぎた感はありましたね。

モンスター勝敗状況は、裂固とACEが負けて、明暗が分かれてきた感じがしますね。


まとめ

いろいろ悩んだ結果、これからはRECごとにエントリ作って、雑感とともに更新していこうかなと。
またやり方変えるかもしれないけど、REC3はとりあえずこれでいってみます。

season3までの初代モンスター全勝敗一覧はこちら

春日部鮫

春日部鮫

【最新版 2代目Monster勝敗一覧表】フリースタイルダンジョンseason4

更新履歴

2017.8.24 エントリ投稿
2017.9.5 更新

season4 rec2-1終了後の勝敗一覧表更新

2017.9.6 更新

season4 rec2-2終了後の勝敗一覧表更新

2017.9.13 更新

season4 rec2-3終了後の勝敗一覧表更新

2017.9.20 更新

season4 rec2-4終了後の勝敗一覧表更新

目次

毎回更新する予定なので、気になる方はブックマークとかお気に入りとか、読者登録なんかしておいてください。

一応「クリティカル負け数」も集計はしてますが、ごちゃごちゃするので省略してます。

フリースタイルダンジョン、season4の2代目モンスター全成績【シングルマッチ】

season4においての全個人戦(1on1)の集計です。

正規モンスター

モンスター 試合数 勝率 クリティカル勝数 クリティカル率
裂固 3 1 2 0.333 0 0.000
呂布カルマ 3 3 0 1.000 3 1.000
輪入道 2 2 0 1.000 2 1.000
fork 3 3 0 1.000 2 0.667
崇勲 2 1 1 0.500 1 1.000
ACE 2 0 2 0.000 0 0.000
般若 5 4 1 0.800 3 0.750

※ラスボス般若のみseason1〜4の通算成績です。


ちなみに…

2代目モンスターの「隠れモンスター」成績

参考までにseason1〜3時代の隠れモンスターでの成績も載せときます。

通算しようか少し迷いましたが、やっぱり別出しでseason4より0から集計していきます。
ただし、ラスボス般若だけは圧倒的に出番が少ないのでデータとしては切り離して集計しなおすとつまらないってのと、純粋に継続してますのでそのまま通算集計していこうと思います。

隠れモンスター時代の成績

モンスター 試合数 勝率 クリティカル勝数 クリティカル率
ACE 2 1 1 0.500 1 1.000
崇勲 1 0 1 0.000 0 -
輪入道 1 0 1 0.000 0 -
FORK 1 0 1 0.000 0 -

裂固、呂布カルマは隠れモンスター経験なし。

隠れモンスター全成績
隠れモンスターは案外勝てないっていう結果になってますね。

まとめ

さて、season4の全モンスターが出揃いました。
とりあえず呂布カルマが2戦2勝2KO(しかも2Rしか戦ってない)と際立ってる感じにはなってます。早くもR指定に次ぐケツ持ち最後の砦感がありますが、まだ2戦なので今後どうなんでしょう。
まあ、このモンスター達相手に5連勝できるイメージが湧きませんので、なかなかな人選なんじゃないでしょうか。

個人的には輪入道、呂布カルマのバトルが楽しみで仕方ないっすね。
既に出来上がってる感さえあるモンスター軍ですが、まだ始まったばかりなんで、これからどう進化していくか楽しみです。


集計方法などの考え方はこちら↓

左回りの時計

左回りの時計

【温泉・観光・土産】長崎で入った温泉、行って来たところ、買ったもの、行きっぱぐれだ所、オススメポイント

長崎ネタの続編、というか【温泉・観光】編です。
また、これに加えて【お土産】編も併せて書こうと思います。

とりあえず前回エントリ


①長崎で入った【温泉】

まずは【温泉】編。旅といえば温泉。これだけそこいら中掘りまくって有名無名問わず温泉が出まくり風呂文化が発展してたこの日本の国内旅行において、外で入る風呂はやっぱ温泉を絡めてマストにしたい。
もう、カルキ臭い風呂はスポーツジムとサウナだけで充分だ。

稲佐山温泉 ふくの湯

http://www.fukunoyu.com/nagasaki_fukunoyu.html
稲佐山に登る中腹にあるスーパー銭湯。
そんなにゴリゴリではないが温泉もあるし、炭酸泉もある。露天風呂からは夜景がキレイ。なのでここは夕暮れ時がオススメ。施設は充実していて岩盤浴もあるしメシも食える。休憩所の広間でダラダラゴロゴロと一日中いることもできるが、さすがにはるばる長崎まで来て、ここで一日潰すのはもったいない。
ここは電気風呂もあってオレは好きじゃないんだけど、ようやくデビューしてみた。しかし、どうも気持ちよくは感じない。やっぱオレには合わない。
それぐらいしっかりしてる風呂なので、長崎市内で外風呂を探すと、やっはここのスーパー銭湯が軸になってきます。
結局、今回の滞在では都合3回も行ってしまった。

雲仙温泉 富貴屋


島原半島を形成する雲仙岳の山の上、雲仙温泉は温泉街でたくさん日帰り湯をやってるところがあるが、その中でもこの富貴屋は老舗旅館ながらも風呂だけ独立して新築したようで、とてもキレイ。しかも入浴料は大人1,000円と少し高いが、タオル大小1枚づつ付いて、湯上りにジュースか牛乳がコップ1杯付く。つまりは手ぶらで行っても全く問題ない。
ってことで雲仙温泉も過去には何ヶ所か入ったんだけど今回はリピーターでここを選んだ。
アクセスは長崎市内から1時間半と山登りもあってそれなりに掛かるが、ここまでくるとがっつりと白く濁った「ザ・温泉」にありつけます。
ホントここは絵に描いたような温泉。


別府温泉 鬼石の湯


今回初めての大分入り。せっかく九州まで来たんだし温泉の王様、別府温泉に浸かっていきたいよねってことで、帰りに立ち寄り湯に入りました。
ホントは湯布院に入りたかったんだけど、今回はスルー。
道中、若干トラブルもあって、別府に着いたのが夜になってしまったので、あまり下調べしてないなか入れるところでチョイスしたのが「鬼石の湯」です。
風呂はキレイでマイルドなヌメリのある泉質でした。しかもガラガラだったってことで、なんかもっと良いところもありそうな気がするので、次回はもう少し下調べして早い時間帯に照準合わせて行きたい。

②長崎で行ったところ【観光】スポット

所謂観光スポットやイベントなどですね。歴史深い街なので、そういった意味でも観光スポットはたくさんありますが、オレが行ったところオススメするところはわかりやすい場所ばっかです。特に歴史に興味が無くてもそれなりに楽しめます。

稲佐山 展望台夜景

稲佐山|観光スポット|長崎観光/旅行ポータルサイト■ながさき旅ネット
長崎行ったら街中以外でいったら基本はここ稲佐山なんじゃないでしょうか。
オレも長崎来たらなんだかんだ毎回登ってます。
車でも登れるし、ロープウェイもあります。
そして深夜になれば直接山頂の展望台までマイカーで行けますが、今回は少し時間が早かったので8合目の駐車場に停めて無料のバスで登りました。
オレはいつも夜遅くなってしまうんですが、やっぱりオススメは夕暮れ時なんじゃないでしょうか。

精霊流し(お盆限定)

wikipedia:精霊流し

精霊流し(しょうろうながし)は、長崎県の各地、熊本県の一部及び佐賀市でお盆に行われる、死者の魂を弔って送る行事のこと。

まあ、こうは書かれてますが、長崎の市街地の街並みが精霊船とその引き手、爆竹の音とその見物客で溢れます。お盆の時期限定のまあ、外モンからすればイベントといった方がわかりやすいでしょうか。

一応、動画貼り付けて見 みましたけど、動画じゃ雰囲気がかなり伝わりづらいですね。
百聞は一見に如かずという感じで、とにかくこれについては現場にLiveで見に行くことをオススメします。
意味合い的には弔い行事ですが、しめやかさは表面的には無くどちらかと言えば派手です。ただその精霊船の装飾を見れば故人の生き様や生前の思いが反映されていて、引き手を見れば人望や故人を惜しむ気持ちなどが多分に見て取れて、なんとも言えない気持ちになります。
過去に一度引き手として参加させてもらったことがあったけど、日本にある爆竹の8割はここで消費されていると言っても過言じゃないくらいの爆竹を点火しますので、道路は爆竹カスだらけ。おこぼれの不発の爆竹をさがす酔っ払い見物客。ダンボール箱にたんまり爆竹を投入したのに点火して炎上させる若者と、それを危険行為だと制止する長崎県警。それを見て楽しむギャラリー。長時間見物した後は火薬の粉で顔とか服がけっこう汚れます。
外人客も多いですが、日本人でも初めて現場を見に行けば、十分すぎるカルチャーショックを受けて帰れるんじゃないでしょうか。
今年はゲリラ豪雨の中、決行されましたので、見物客は比較的少なめでそういった意味では見やすかった。ただ、おこぼれの爆竹はシケてほとんどダメでしたね。

原爆資料館


子どもがいますのでお勉強の意味も込めてここも再度連れて行きました。長崎は原爆を喰らった数少ない街だと社会の授業でも習います。原爆で損傷した展示物、模型などの資料、動画、写真などで原爆の恐ろしさを知ることができます。
当然グロい写真も教科書以上に余すところなく展示されてます。
アメリカ軍の投下するときの動画なんかもあるので、いちいち動画に収めるくらいだから、相当ヤバいもの扱ってるって意識があったんだと思います。そんなのが印象的でした。

雲仙仁田峠


雲仙の温泉街から更に上の峠に登っていきます。通行料として寄付金を入れるゲートを抜けると一方通行になってるため走りやすい。初めてここは行きましたがあまり時間がなかったため、第二展望台から少し望遠鏡を眺めた程度で終わり。そのあと少し走ると本当の仁田峠があり、ロープウェイなんかに乗って更に上の山頂に行ける模様です。売店なんかもありおもしろそうでしたが、紅葉シーズンが一番混むのかな、あまり混んでなかったですね。
今度またゆっくり行ってみたいです。

③長崎で行きたかったとこ

市内については、まあだいたいメジャーな場所は過去も含めると踏んだので、これからの展開は、市内でいったら更にマニアックな深いところ、市外ですと更に幅を広げて未開の地に行きたいところですが、なかなか長崎県も広くて次にどこに行くべきか、悩ましいところです。

軍艦島

wikipedia:軍艦島
早わかり軍艦島|軍艦島上陸クルーズ
そんな長崎市内は一巡してしまったオレが、最も興味深く行ってみたい場所の一つはもう「軍艦島」になってくるでしょう。
滞在中の予定がハッキリ見えない中で、今回も満席で船に乗れませんでした。
前回、前々回に長崎に来たときに既に行ってみたいと思っていてクルーには話していたんですが、まあ、言わば島ごとでかいだけの廃墟ですから魅力が伝わりきれずモタモタしてるうちに世界遺産のひとつに登録されてしまい、行きづらくなってしまった次第です。
次回は軍艦島に上陸してみたいですが、大人数になってくるとやっぱりそれなりに高いですね。

④長崎で買ったお土産【お土産】

最後にお土産いきます。

福砂屋のカステラ

福砂屋 カステラ小切れ(1号 2本入)

福砂屋 カステラ小切れ(1号 2本入)

福砂屋オフィシャルサイト

こいつが王道でしょう。高いっ!でもうまい。
まあ、長崎でなくても東京でもデパ地下とか行けば普通に買えます。もちろんAmazonでも。よって長崎行って来ました感はあまり伝わりづらいかもしれません。自分用か、わかってる人にあげるのが良いかと思います。
今回はチョコとスタンダードの0.6号やつがそれぞれ一本づつのセット買いました。
しかし、オレはあのザラメのあるスタンダードを牛乳飲みながら食べるのが一番うまいと思ってます。
いろいろ試した結果、飲み物は牛乳が一番合うんです。

長崎物語

菓舗 唐草|ロマンの銘菓 長崎物語
例えば職場でお土産を配ると同時に長崎に行って来ました的な報告を合わせてする場合、この「長崎物語」はもってこいのお土産だ。
なぜなら、まずネーミングがもろ長崎。なのでわかりやすい。そして、小分けになっているので、配りたい人数分の個数を買えば、浅く広く配れる。ひとつが小さいので配りやすい。そこそこ日持ちもする。しかも、うまい。簡単に言うと一口サイズのクリーム入りのバームクーヘン。もっと言うと、長崎以外で(たぶん)あまり売ってない。Amazonでも取り扱い無し。
そんな訳で、職場に配るには超絶オススメな長崎のお土産だと自信を持って言い切ります。

角煮まんじゅう


これもけっこう高いですね。高級志向、上客なんかに渡したいお土産としては良いかもしれないです。
福砂屋ほど有名ではないし、東京とかで売ってるかもあまり気にしたことないんですが、一応Amazonでも取り扱いはあります。

⑤その他もらったお土産など

いろんな方面からいろんなお土産をもたせてもらいましたのでサラッと紹介します。

島原そうめん

島原手延べそうめん / 島原市
そうめんは日持ちするし、夏の暑い日なんかの食欲が減退してるときなんかのランチに食べるには最適ですね。意外と国内生産シェア高いらしくびっくりです。

びわゼリー

長崎 茂木びわゼリー16個入

長崎 茂木びわゼリー16個入

国産茂木ビワゼリー
びわゼリーもクッソ高いですね〜。産地長崎の高級果物ですが、なかなかうまいです。

九十九島せんぺい

九十九島せんぺい(18枚入り)

九十九島せんぺい(18枚入り)

九十九島せんぺい本舗|ブランド紹介|株式会社九十九島グループ
けっこうもらう率が高いこの甘いせんべいですが、個人的にはあまり好きではないです。
それでもお土産ランキングなんかでよく見かけるので、そこそこ人気があるみたい。

最後に

シースケーキを再び食いたかったけど、ナマモノですので、お持ち帰りで東京で食うわけにもいかず断念しました。
ダラダラと書いてみたけど、今回の長崎は滞在期間が長かったせいもあって、かなり充実した内容になりました。
まあ、このエントリで書いたことはマチガイないので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

次は、早くて年末。最悪もう行くことは無いかもしれないけど、なかなか良い街です、長崎。

【食】長崎で行ったとこ、食ったとこ、食い残したとこ、オススメポイント

8/11に出発して8/20の夜明けに帰ってきたので、都合6泊10日ぐらいになった長崎の旅。
今回は結構それなりにいろんなところまわれたので、【食】、【温泉】、【観光地】なんかにまとめて紹介しつつ、行きたかったけど行けなかったところなんかも含めて書いてこうと思います。
とりあえず【食】だけ書いたらけっこう長くなったので、【食】と【温泉・観光】で分けます。

長崎で食ったこと

比較的行った順になってますが、順番とかオススメ順とかでなく、ただただダラダラ書いていきます。

竹林 焼肉

焼肉竹林 ララプレイス愛宕店

食べログ焼肉竹林 ララプレイス愛宕店

食べ放題できる焼肉屋です。長崎県内を中心にチェーン展開してる模様ですが、そこそこ高級感がある店ながらも、安く良質な肉が食えて旨かった。満足です。
ゴチになったので金は出して無いですが、3,680円で食い放題で、あの質ならば、文句はないです。
ただこれ和牛なのかと思ったら一切和牛とは書いてないんですが実際んところどうなんでしょう…
あんまり調べてないですが輸入牛肉も霜降りな時代なんでしょうか…。
まあ、旨かったので良しとします。
この業態でこの価格帯と質っていい線ピンポイントで突いてると思うんで、これ、東京にもあって欲しいですね。

王鶴(新地中華街)

次はちゃんぽんと皿うどんを求め中華街へ。
案外こじんまりしてる長崎新地中華街ですが、各店とも店構えが立派な店は多いです。なのにその割にはちゃんぽん皿うどんは、ラーメン屋で食べる予算で食えるので良いですね。

ここね。いつも向かいの江山楼行こうぜって中華街に行くんだけど、閉店が早い江山楼が待ち時間長くて入れなくてここ王鶴に流れるパティーン。何回目だっ…てことで今回も行ってきました。
目当てはちゃんぽんか皿うどん。
オレはここでは皿うどんをいただきました。
そして、チャーハンと角煮マンなんかもつまんで旨かった。

京華園(新地中華街)

2回目の中華街に行った時は京華園いきました。
長崎新地中華街【中国名菜京華園(きょうかえん)】

入口 立派です

中華門から遠まきに見た京華園、でけえ


ここは、初めてでしたが、とても高級感ありつつも、動じずにちゃんぽん食いましたが、もちろん1000円以下で食えます。中華街で食うちゃんぽん、皿うどんはなんとも上品な甘さがあるんですよね。うん、旨かったです。

ちゃんぽん


ちなみにここではごま団子も食いました。デカイし揚げたてはやっぱサイコーですね。

有喜かまぼこ

長崎市内から雲仙温泉に行く途中R251を東に走ってるとセブンイレブンに併設してかまぼこの直売所があります。

セブンイレブンの広い駐車場内にある直売所



それが村川蒲鉾

ヤマショウ

食べログヤマショウ

揚げたてがホットスナック的に50円から食えます。
かまぼこって言っても油で揚げてるさつま揚げスタイルなので、ビールが欲しくなります。
まあ、やっぱり揚げたては美味い。
そして、長崎はかまぼこ強いっすね。

雲仙地獄温泉たまご

雲仙温泉地獄温泉たまご
雲仙温泉まで足を伸ばしたけど風呂オープンまで時間があったので、そばにある地獄でたまごを食らう。
地獄の吹き上がってくる温泉の地熱で茹でたというたまご。温泉たまごですが半熟の卵みたいなそれではなく固めにしっかり茹で上がってます。
これに付属の塩をつけていただきます。
たまごってなんで美味しい食いもんなんでしょう。
まあ、ここでは半分くらいロケーション効果もありそうです。
1個80円
5個だと少しお得で300円とかそんなもんだった。

にくせん ステーキハウス鋼政

ステーキハウス鋼政
雲仙温泉街からR389で北方面に降りると、サッカーで有名な国見高校なんかを見つけつつ、こんなクソ田舎にあんのにサッカー強いとかすげ〜とか思いながら、更に海方面に走る。海沿いに走るR251を少し東に走るとあるのが「ステーキハウス鋼政」
ここでは文字通りステーキで肉を食います。
肉工場がそばにあってその直営店ってことなんでしょうが、なんでもランチでは1,000円くらいでステーキが食えるらしく、行列できて12:00ぐらいにオーダーストップになってしまうとか…。

ディナーコースのロース肉 鉄板から溢れんばかりの肉


肉ったらしい塊肉がいい感じに焼きあがって出てきます。ややかためで食いごたえのある感じで、肉食った感に満たされます。これでスープ、サラダが付くコースで3,600円くらいなんですけど、ペラッペラの柔らかめの焼肉食い放題に4,000円くらい使うのも悪くは無いんですが、別に食い放題でなくてもこれぐらいしっかりしたのが出てくるんなら、オレはこっちを選ぶなぁ。
これが、今回の旅で一番でした。大満足。

シースケーキ


これはいわゆる地元の方にもらったいただきものなんだけど、まさに長崎でしか売ってない長崎限定のお菓子らしいです。

ツヤッツヤの感じがうまそう


これ美味いっすね。こういった限定モンの高級お菓子をチョイスする方は間違いない。センス良いと思います。
甘さもちょうどよく、味もサイコーですね。
また食いたい。


ホントは食いたかったところ

ここまでは実際に食ったもんですが、これから先は食いたかったもんを次回以降リベンジできるように書いておきます。

江山楼

長崎新地中華街の美味しい長崎ちゃんぽん|中国菜館江山楼
江山楼
長崎来たんだし中華街行くか、ちゃんぽんでも食うかとなると、だいたい案に上がる江山楼なんだけど、いつも混んでて時間が遅くて入れない(20:30ラストオーダー)なんて感じだった。今回は、19:00ぐらいに行って70分待ちぐらいだったので余裕ぶっこいて近所を散策してたりしたら、戻ったら既に順番来てたらしくスルーされて今回も食わず仕舞いに終わりました。

四海樓

中華料理四海樓
四海樓
中華街から少し外れの大浦天主堂の近くにある。
ここがキングオブ長崎ちゃんぽんなんだろうな…
店のスケールも別格です。
ここは以前食ったことあるんだけど、また行きたかった。

まとめ

とりあえず、まずは【食】グルメ的なもんをまとめてみました。

一応ネットで確認すると、【食】といったら印象のとおり、

  • ちゃんぽん、皿うどん
  • カステラ

この2つが軸のようです。あとは「佐世保バーガー」が有名ですが、佐世保は長崎から少し距離あるんで行ってないし食ってません。平戸牛も平戸遠いしなぁ。
あとは、島原そうめんはもらったので、後ほどいただくとする。
というわけで、今回はカステラは福砂屋を買ったし、ちゃんぽん、皿うどんもそれぞれ食ったし、角煮も食った。シースクリーム、雲仙温泉地獄のたまごもやっつけて、要点はざっくりだいたい抑えたんじゃないでしょうか。

(おまけ)うまいんで酢

ちなみにこれは東京ではなかなか入手困難な「うまいんで酢」というポン酢みたいな商品なんですが、ネーミングは舐めてますが、鍋とかのつけダレなんかに使うと見た目よりだいぶイケます。長崎県産ってことでお土産に探してたけどなかった模様です。


お盆の帰省ラッシュなのにかまわず東京から長崎を目指すとこうなる

さて、お盆でしたし、夏休みネタですね。
思えば昨年は南伊豆までお盆渋滞のなか特攻したんですが、

今年はタイトルのとおり、最も過酷でチャレンジングな帰省ラッシュに揉まれに行くまんまのことを企画、実行、体現してきたので、エントリネタにしてみます。
そうは言っても、3年ぶり7回目の東京から車で行く長崎なので、もう旅慣れてる部類に入ると思われます。もし、東京から車で九州方面へ、あるいは長崎方面へ行く方は参考にしていただければと思います。

目的地:長崎県長崎市

東京からは飛行機が一般的なアクセス手段なんでしょうが、空路は使いません。ひたすら陸路です。ホントはフェリーなんかも使いたいところなんですが、クルーの人数が7名なので運転の負担は少し減る替わりに時間と金がかかりますんで、検討事項にコスパが入ると結論はどうしてもフルハイウェイの陸路になってしまいます。
ちなみに運転の交代要員としてはヨメがいるにはいますが、車に乗り込むなりジュースホルダーに淡麗をセットしてビールホルダーになってますんで全くあてになりません。
まあ、それはいい。ここは運転を全部独り占めできるって考えていきますよ。
では、道中ツイッターで休憩毎に心境なんかも語っておいたので、ベタベタと貼り付けながら振り返りたいと思います。

いざ東京を出発(8月11日)

とりあえず打刻的に出発時にツィートしときました。
そして、その都度渋滞状況のスクショも貼り付けてきます。

8月11日出発前の夕方に調べた帰省ラッシュの状況

もう笑うしかないですねww
17:00頃なので、これでもピークは過ぎてるはずです。ホントは15:00に出発して、東京近郊の東名道をはじめとする首都高なんかのピークが終わるタイミングで合わせたかったんですが、支度や準備にいろいろ時間がかかりダメでした。

東京出発直前


だいぶ渋滞が落ち着きました。
ホントはこの時点で名古屋近辺、あるいは静岡県内あたりを走ってたかったんですが、ていうか、刈谷PAで21:00ぐらいから風呂入りたかった。
まあ、諦めます。

現在地は足柄SA 風呂でもいただこうか


刈谷PAの風呂がダメなら…ってことで、足柄SAの風呂を狙うんだけど、考えることはみな同じってことでしょうか…。
先を急ぐので風呂についてはもう完全に諦めるしかなさそうです。

この時間帯でも渋滞してる。帰省ラッシュ恐るべし

現在地は静岡県西部の新東名

新東名の新規路線に初乗りです。


せっかく道の良い新東名だが、天候不良と交通量も多くてあまり飛ばせず100㎞/h出ないくらいのペースで進む。

現在地は愛知県


直近の渋滞ポイントは、東名阪の亀山付近。
もうこの時間で渋滞続いてるってことはどうあがいたって喰らうのは避けられない。
高速道路の難所ですね。



現在地は滋賀県


日が出てきてしまいました。陽射しが暑くて眠くなるのでアイスクリームでも食らって眠気を覚ます。


現在地は京都府


たしか大山崎とかその近辺の渋滞に食らってたときの車中でのスクショです。


ULTIMATE MC BATTLE GRAND CHAMPIONSHIP 2016 [DVD]

ULTIMATE MC BATTLE GRAND CHAMPIONSHIP 2016 [DVD]


神戸まで120分だとぉ。
渋滞なので音楽もよく聞こえるので、MCバトル見るには良いです。
同乗者はみんな寝てるので、スピーカーバランスをフロント、ライトに寄せてひとりで見てました。
まあ、それでも途中意識が朦朧としてほとんど頭に入ってません。ちょうど決勝戦のあたりで渋滞抜け切りました。

現在地は兵庫県、出発後12時間経過も中間地点まで届かず。

静岡のゲリラ豪雨と亀山と吹田近辺の渋滞が、効いてます。

少し走って昼食



こういう時はライスは眠くなるので、ざるそばとかにしとく。メシを食い終わったらクルーがお土産を物色してる間、さっさとひとり車に戻って目をつぶっておく。
脳で眠いのもあるが、眼が疲れる方が深刻だ。

現在地は岡山県


ちょこちょこ事故渋滞で喰らう。
乗用車が仰向けになって事故ってたな…


やっと半分を過ぎました。
東京〜長崎の場合ちょうど中間地点は姫路のあたりでしょうか…。

現在地は広島県



ここで中国道の山道に迂回することになったけど、坂とカーブで目が冴えてきました。
ちなみに山陽道を迂回しての中国道経由だとたしか約40分増しぐらいだった。
できれば日が暮れる前にここは抜けたいところ。
そのうち解除されるのを期待しての通行止めのルートを特攻して、ダメなら下道を通ることも考えてみたけど、通行止めの付近の渋滞も結構キツそうだったのでここは素直にナビに従いました。



関門海峡を渡り、九州上陸


もう渋滞は無い。


晩めしの間オレは仮眠します。
食欲より睡眠欲が勝ってます。
パンだけ買ってきてもらって車中運転しながらかじる。

もう少しだぞー


目的地、長崎に到着(8月13日になってしまった)


この時の風呂はサイコーでした。
寝湯に浸かったら気持ちよく落ちれます。

  • 走行距離、約1240㎞
  • 所要時間、28時間強

なんとか無事故でたどり着きました。
Googleマップでの予定だと所要時間は14時間20分ぐらいで算出されますが、単純計算で85㎞/hペースなので、まあこれは現実的でないです。
過去の経験からすると、普通に考えて24時間を目安として見積ってたんですが、今回風呂も入らずにこれだけかかったんで、自己評価としては少々かかり過ぎですねー。
渋滞で時間を食った要因もあるんですが、一番の要因は、やっぱりクルーの人数が多いと、それだけクソしたいだとかお土産をダラダラ物色したりとその人数分対応していかないといけないので、そういったことでどうしても時間を食ってしまったからだと思います。

まとめ

全国レベルでの高速道路の難所

  • 東名阪道、亀山付近

ここは昔からいつも渋滞喰らいますね。
ちなみに下りだけでなく上りも混みます。
まあ、一生懸命車線増やしたり、新名神の延伸を建設したりと改善策打ってるみたいなので、あと数年の辛抱でしょうか…

  • 中国道、吹田付近

ここも渋滞なうえに大阪の都市部のせいかPAやSAが結構な距離と渋滞するための時間換算で無い区間なので一番の攻略ポイントですね。抜けたところにある西宮名塩SAでテンパってトイレに駆け込みたいところSAの駐車場になかなか停めれなくて顔面蒼白とかあるあるなんじゃないでしょうか…
東京からだとちょうどこの辺りでガソリンも無くなり給油に迫られます。

これらの2箇所を深夜帯に抜けるのがポイントというか最も効率がいい行き方なんじゃないでしょうか。

隠れアイテムについて

別に隠してはないんですが、渋滞の退屈しのぎと眠気対策に準備しとくと良いです。これについては別途エントリ書こうかなーなんて思ってますが、ざっとこんな感じです。

  • 青Monster
  • DVD
  • 濡れタオル
  • 目薬
  • 辛いお菓子
  • あたりめorスルメ
  • ガム

長距離高速道路を走行する場合SAやPAで売ってるものが限られます。DVDや目薬は調達できないので、高速に乗る前に調達が必要。

次回の対策と理想のルートと時間帯

やっぱ
14:00ぐらいに東京を出発して、(その前には十分な睡眠をとって)
21:00ぐらいに刈谷PAで風呂に入る
深夜帯に関西を抜けて淡路島から四国ルート
午前中に四国の西端からフェリーで別府に渡る
午後また別府でひと風呂入って夕方までぐらいに長崎着
なんて感じがちょっと時間はかかりますが良いんじゃないでしょうか。

今回は事故渋滞が多くて散々でしたが、車で行く九州も時間があって運転するのが好きな人ならなかなか楽しいもんです。時期が帰省ラッシュでも交通量は多いながらも渋滞ポイントさえ押さえればそこまで渋滞食らった感はないので、ぜひお試しあれ。

アサヒ飲料 モンスターアブソリュートリーゼロ 355ml×24本

アサヒ飲料 モンスターアブソリュートリーゼロ 355ml×24本

有料課金の元が取れたので、はてなブログPro更新しました

課金サービス期間満了

はてなブログProで課金されてる当ブログですが、一年間プランで設定してた期間について期限切れとなりました。

元が取れたので継続更新!

収支について調べたところ、過去1年間のアドセンス収入が、約8,000円でした。で、これに加えてアマゾンがざっくり1,500〜2,000円ぐらいはついたので、
なんとかではありますが、はてなブログProの1年間プランの年間総額の8,434円をブログ収入だけでペイできました。
はてなブログPro - はてなブログ
まあ、仮に赤字で終わったてたとしてもまだまだブログに対するモチベーションもあるし、そこそこ更新できてるので気持ちは変わらなかったんじゃないかと思いますが、そんな収支状況にも後押しされつつはてなブログProは継続更新することにしました。

プランは再び1年間契約

たぶん向こう2年間ぐらいは続けてそうな気はするけど、更新期間は再度1年間プランです。
身の丈に合わせました。
この先1年間で2年間契約分以上の収入があったら次の更新は2年間でいきたいと思います。


そして、今回からクレジット決済ですね。はてなブログも進化し続けてくれてるし、ブログ引越しの検討なんかもいっさいしてません。

これからも引き続きよろしくお願いいたします。

たいしたブログでは無いですが、それでもはてなブログProの課金ぐらいはペイできるもんなんですねー。
まあ、トントンぐらいにしかなってませんが初めてブログ課金を検討してる方や、どの程度のブログならペイできるか興味ある方は、ぜひ当ブログの内容や、更新頻度、読者数、アドセンスの力の入れ具合なんかを参考にしてみてください。たいして力入れてません。カスタマイズやアドセンス配置なんかは一度設定したらほぼ放置です。

そして、読者登録していただいてるみなさんありがとうございます。少ない読者数ではありますがきっと読者の方々のお力添えもあってのことだと思ってますので、今後もよろしくお願いいたします。(^^;)

はてなブログカスタマイズガイド―HTML & CSSで「はてなブログ」を次のステッ

はてなブログカスタマイズガイド―HTML & CSSで「はてなブログ」を次のステッ

【モンスター全成績 勝敗 一覧表】作ってみた。フリースタイルダンジョンseason1〜3完結

フリースタイルダンジョンseason1〜3におけるモンスターの全成績、特に勝敗とか勝率が知りたいんだけど、公式にも出てないしググっても中途半端なのしか見つからなかったので自分でシコシコabemaビデオみてチェックしながら集計して作ってみた。
一応、スプレッドシート使って関数入れて素人なりにちゃんと集計しましたが、最後エントリに起こす際には手打ちで転記してますので、もし変な部分があればお知らせいただけると幸いでございます。
本日、2017.7.11時点の集計結果となります。

集計項目

シンプルに、

  • 勝敗
  • 勝率
  • クリティカル勝ち数
  • クリティカル率

としました。
クリティカル率は、(クリティカル勝ち数/勝数)です。ボクシングで言うKO率といったところでしょうか。
一応「クリティカル負け数」もカウントしてますが、ごちゃごちゃするので省略してます。

フリースタイルダンジョン、season1〜3のモンスター全成績【シングルマッチ】

season1〜3においての全個人戦(1on1)の集計です。

正規モンスター

モンスター 試合数 勝率 クリティカル勝数 クリティカル率
T-Pablow 30 15 15 0.500 11 0.7333
サ上 26 12 14 0.465 8 0.6667
26 14 12 0.5385 12 0.8571
R指定 22 17 5 0.7727 14 0.8235
チコカリ 11 6 5 0.5455 2 0.3333
DOTAMA 10 4 6 0.400 2 0.500
般若 5 4 1 0.800 3 0.750

隠れモンスター

モンスター 試合数 勝率 クリティカル勝数 クリティカル率
ACE 2 1 1 0.500 1 1.000
Mr.Q 1 1 0 1.000 1 1.000
焚巻 1 0 1 0.000 0 -
崇勲 1 0 1 0.000 0 -
輪入道 1 0 1 0.000 0 -
DragonOne 1 0 1 0.000 0 -
SIMONJAP 1 1 0 1.000 1 1.000
FORK 1 0 1 0.000 0 -
ダースレイダー 1 0 1 0.000 0 -
TKda黒ぶち 1 0 1 0.000 0 -

【複数戦】の個人別集計(season3)

season3より複数戦がはじまりましたので、それを個人別に集計してみました。
例えば3on3で勝った場合3名それぞれに1勝としてます。負けの場合も然りです。

モンスター 試合数 勝率 クリティカル勝数 クリティカル率
T-Pablow 12 8 4 0.6667 5 0.625
サ上 8 3 5 0.375 1 0.6667
8 0 8 0.000 0 -
R指定 3 3 0 1.000 2 0.6667
チコカリ 10 5 5 0.500 3 0.600
DOTAMA 11 8 3 0.7273 6 0.750
ACE 2 1 1 0.500 1 1.000
崇勲 1 0 1 0.000 0 -
輪入道 2 1 1 0.500 1 1.000
DragonOne 1 0 1 0.000 0 -
ダースレイダー 2 0 2 0.000 0 -

※2016年末の口迫歌合戦は含みません。
※チャレンジャーとして出場時は含みません。

全成績をまとめた雑感

強い弱いを、数字で判断するのも一つの方法ではありながらも、ちょっとナンセンスな感じがしますが、なかなか面白いです。まとめた結果、特徴的な点なども見えて来ました。

【最多出場王】出番が最も多かったT-Pablow

最年少ということもあってでしょうか、それとも自ら手を挙げて先陣を切ったか、或いはその両方かわかりませんが、個人戦と複数戦合わせて合計42試合、次点がサ上と漢の34試合なので圧倒的ですねー。
R指定は温存されて少なかった印象ですが、25試合とそこまで少なくもないです。まあ、それでもT-Pablowの半分強ぐらいな感じ。

【勝率王】勝率がクソ高いR指定

.773ですからね。半端ないです。般若も.800と高いですが、ラスボスゆえに試合数が少ないのと無敗ということが重要な立ち位置なので(それはそれで大変なことだと思います)除外するとやっぱりR指定で良いかなと。
ちなみにワーストはDOTAMA。

【クリティカル率王】最もKO率が高い漢 a.k.a. GAMI

ボクシングなどの格闘技で言うところのKO率が、クリティカル率と同義だと思いますが、これは漢が一番高い。実はseason2を終えた時点ではR指定だったんだけど、season3で抜かしましたね。
ちなみにワーストはチコカリート。

【複数戦】におけるモンスター得手不得手

チーム戦におけるモンスター成績で面白いのが、R指定が入ると全勝、漢 a.k.a. GAMIが入ると全敗ってのが浮き彫りになってしまいました。まあ、ちょっとサンプル少ない気もします。

最後に

数字でも結果的にモンスターの個性が出ますね。
これ作ってオレが一番楽しかった。たぶん。
せっかくここまで作ったので、今後どうなるかわかんないですが毎週更新してみようかなぁ…と思っております。


参考にさせていただいたサイト


一部参考にさせていただきました。
Special thanks!

MONSTER VISION

MONSTER VISION

【全モンスター勝率】フリースタイルダンジョンseason1.2全成績を集計してみた

フリースタイルダンジョン、season1.2のモンスター全成績をまとめました。

シングルマッチのモンスター全成績

season1〜2においての全個人戦(1on1)の集計です。

モンスター 試合数 勝率 クリティカル勝数 クリティカル率
全員 99 54 45 0.5455 39 0.722
T-Pablow 22 11 11 0.500 8 0.7273
サ上 22 10 12 0.4545 6 0.600
20 11 9 0.550 9 0.8182
R指定 15 12 3 0.800 10 0.8333
チコカリ 8 3 5 0.375 1 0.3333
DOTAMA 6 2 4 0.3333 1 0.500
般若 2 2 0 1.000 2 1.000
ACE 2 2 0 1.000 1 0.500
Mr.Q 1 1 0 1.000 1 1.000
焚巻 1 0 1 0.000 0 -

とりあえずseason2までまとまったので中間報告してみました。
オレ暇なんですかね…いやいや好きなだけです。
初めてブログで表を使ってみましたが、こういう集計じみたことはあまり得意ではないので見苦しい点はご容赦願います。

集計方法

ネットである程度引用させていただきましたが、欠けている部分は、全部abemaTVでジャッジのシーンを確認しました。
ジャッジの部分だけ確認できれば事足りるんですが、ついついバトルも見てしまいえらい時間かけてます。
好きが講じてここまでやってしまうとは…

予告

別途近日中に、season3のシングル戦と団体戦も集計した結果をエントリでアップしまーす!

お楽しみに!

毎日パンチライン ([実用品])

毎日パンチライン ([実用品])

全戦績season3終了まで更新しました!

【進撃が止まらない晋平太】フリースタイル ダンジョン雑感season3 rec7

フリースタイルダンジョンが楽しみで仕方ないです。
今放映されているあたりは観覧いけてるんで、そんな視点で雑感を書こうかなと思います。

生現場で見れたrec5.6.7

これまでこの上ない引きの強さでrec5.6.7と生でフリースタイルダンジョンの収録観覧してきました。
rec8はハズレました。いや、そもそもrec8と呼ばれる回なのか少しあやしくなってさえきました…

神回と言われたrec5

ではパンチラインフェチズで崇勲、TKda黒ぶち、NAIKA MC、ピンで呂布カルマ、Amateras、初のフィメールチームなんかも見れて、そして何と言ってもラスボス般若の降臨まで立ち会えるといるまさに神回でありました。

取れ高少ないと言われたrec6

は正直ゲストライブなんかも多くてバトルとしてはイマイチ見応えにかける展開でした。取れ高も少なかったみたいだしね。よってエントリ時期も逃したのもあり雑感も省略してしまいました。
隠れモンスターのダースレイダーが負けまくってたのが印象的でした。それでもダースのキャラ好きですね。

そして波乱のrec7

これはrec5とはまた違った意味あいで結果的にはこれまた神回と言って良さそうです。

見たかったチャレンジャーとしては、高校生ラップの9for、梅田サイファーのpeko、ふぁんく、そしてNONKEYのラップ楽しみだったんですけど出番無し。残念…。
ここまでは、まあrec5がやっぱ神回だったなーなんて思ってたんですが、ここからが違いました。
そしてそして、まさにマンを持して特別シングルマッチで登場してきた晋平太。どうやらこのrecタダでは終わらなそうです。

rec7終盤7-3〜 シングルマッチ「晋平太登場

いきなりの般若ルーム中継で、ただならぬ雰囲気を醸し出してます。しかもにこやかにベラベラ喋り出し「オリジナルメンバーで行く」宣言のラスボス般若。
確かにこの展開は今までなかった。

1stステージ 晋平太vsサイプレス上野

白装束に菊の花を持って登場したサ上。めちゃくちゃウケますこのエンターテイナー。役割がまるでわかってるかのような感じですがここまで作り込んだ登場はなかったんじゃないでしょうか。
その菊の花。最初はただの花束かと思ってたらよく見たら菊の花。プロレスならその花束使ってソッコーで殴り返すところだな…なんて考えてたんですが、これがどうなるのかと思ってると観客席に向かってキックするとこれがまたキレーイに飛び散るんですよ。
コスプレの割にサ上のバトルは真剣そのもので、バッチバチでしたね。終わってみればクリティカルで安定の晋平太勝利だったんですけど、エンターテイメントを仕掛けつつ熱いバトルで、サイプレス上野がモンスターで良かったと思いました。

2ndステージ 晋平太vs漢 a.k.a. GAMI

『とうとうきたな この時がー』で始まった晋平太の先攻に『がー』と乗せてきて、気合い入りまくりのバッチバチな漢という様相のRound1。現場ではテロップ無いので細かい事はわからないんですが、漢が晋平太に向けて「お前ウソつきディスり攻撃」に対して、晋平太が弁解しながらふざけんな的な返しをして行くような展開で進みます。
そしてRound2。
もうね、とにかく漢さんが恐い。恐かった。この一言に尽きますよ。
「ストリートだったら とっくに 『ボンッ』一発でワンパンでK.O.してるに決まってんだろうが」
この『ボンッ』がね凄いんですよ。迫力がね。
ホントに手が出ちゃうんじゃねーかって雰囲気ありますよ。これがストリートでなくてホント良かったです。

そっからの
「あ〜 畜生 めんどくせぇ このアーティスト」
これは、テロ無しの現場でもハッキリ聞こえたうえにかなり刺さりましたねー。
投げやりっぽい言い回しだけどしっかり韻は入ってるっていうね。
もうこれだけ決めて2-0で漢の勝ちでしょっていうオレの素人ジャッジ。そういう声も多いんでしょうが、それでもこの次のround3これが見れたんなら結果論OKですわ。
そしてここから少し空気が変わってくるんです。
「3年目だぜ
残念なだけ 懺悔はもういらねぇ
さっさと俺と手を繋げ」

この言い方、言い回し。そしてバトル中に握手ですよ。
喧嘩して仲直りして、絆が深まる。やり方や通った道は違えどもベクトルは一緒、ゴールは同じところを目指してたんだという理解しあえた男と男そんな小さなドラマが見えた気がしました。

漢さん、正直今まではバトルの戦闘力でいったらいささか弱いんじゃないかっていう見方されてたんじゃないかと思うんですが、何というかバトル以上に勝ち負け以前にそれだけじゃないんだっていうのを見せてくれた。そんな感じですね。
これはホント終わりよければ全て良しとする最高のバトルでしたよ。

3rdステージ 晋平太vs T-Pablow

バトル前のインタビューでは、晋平太に対して「なんかいい人って感じ、活躍してる頃中学生とかだったんでよく知らないっす」みたいにすまし顔のT-Pablow。ホントかね?
仮にもUMB2連覇してるラッパーですぜ。
そんなインタビューの様子とは裏腹にバトルはいつも通り、いやいつも以上に熱かったround1。
「一億総ラッパー」を掲げラッパーの裾野を広げようとする晋平太に対して、「本当に大事なのは広める事よりも広め方」とするT-Pablowの考え方、スタンスの違いについての言い合う展開。
「武士は食わねど高楊枝」
意外と古い慣用句を知ってるT-Pablow。オレ意味わからず思わずググりました。
そっからの、T-Pablowはとにかく「お前ダサい」攻撃。それに対して晋平太がおちょくるような挑発的なパンチライン。かなりの接近戦。

「コマーシャル蹴った?
コマーシャル出てるコマーシャルレベルのラップ
こまっしゃくれてるけど
困っちゃってんの お前でしょ?」

このあたりの晋平太いちいち上手いですねー。上手いうえにナメてるような言い回し。コレはフツーに言われてイラッときますね。
さらに、
「お前が切腹しろ もうちょいBeatとSEXしろ」
人をイラつかせる才能あると思います。

そして、round2
変わらず挑発的な晋平太に対してとうとうT-Pablowガチギレの様相で晋平太の胸ぐら掴む。相手のバースでも御構いなしで怒鳴り散らしてます。しかし、晋平太その胸ぐら掴まれてもさらに御構いなしで冷静にアンサー。
「TOKONA-Xに顔向け?
お前の下手なラップよりも十分できるぜ
憧れ? Jay-zやBiggie成りたがり
お前は成り上がりじゃない 成たがり
成れたらいいね TOKONA-Xの生まれ変わり」

なんてやってのける。上手いっす。もう恐いっす。今にもワンパンが入って目の前で袋叩き、公開処刑が始まるんじゃないかと。不幸中の幸いこれがステージ上である事。もう、T-Pablowを止める抑止力は見守ってるオーディエンスしかない。そんな感じ。


「おい この野郎 てめぇ後でさらっちまうぞ このクソガキ この野郎がよ
しゃらくせぇ事 言ってんじゃねぇぞ
ガタガタ抜かすなアホ」

ビートもクソもライムもルールも無くなってしまいました。

「また掴んだ これでファウル2
俺のラップ中 何見てる? これで勝負する」

胸ぐら掴まれてもよくここまでできると。
ここまで行くともう怒るT-Pablowには火に油。これを利用して爆発炎上をさせようか。結果的にそんな感じで終わりました。
負けた後T-Pablowはずっと怒鳴り続け、マイクを投げつけ退場。会場には「T-Pablowかっこ悪いぞー!」みたいなヤジが飛び交いながらも、会場には緊張が走りかなりのドン引き状態に。
このT-Pablowがバトル終わってから退場するまでの間の様子、放送できんのかなーなんて思ってて、どう編集されて放送するのか少し楽しみだったんですけど、キレーにカットされてしまってましたね…。

それと、試合後ボディタッチについてジブさんから晋平太の方が注意を一応受けてたんですけど(コレもカットされてます)、意図的にタッチしたようには見えなかったのでテレビで確認しようと思ったんですが、よくわかんなかったです。仮に晋平太起因で触れたんだとしても、接近戦だったので手振りが当たったとかそういうレベルだと思うんだけどまあ、コレは当事者の二人しかわかんない感じなんでしょうか。その程度の接触で激おこガチギレT-Pablowになってしまったのは、確かに若干疑問が残ります。

このバトルは、晋平太うまかったし、とにかくフィジカルもメンタルも強かった。T-Pablowの個性を引き出しつつも逆にそれを利用した。それと面白いこと言ってたので、これまたバトルとしてはサイコーでした。
T-Pablow負けはしたけど、ドン引きしたけどあの緊張感、漢とはまた違った緊張感、あの尖った感じはT-Pablowしか出せない。確実にモンスターとして爪痕を残したんじゃないでしょうか。

まとめ

ホントは晋平太戦が全部終わってからアップしようと思ってたんですがサ上戦、漢戦、T-Pablow戦とテレビ的には刻んで来たので、もうたまらずこの3rdラウンドまでで雑感エントリをアップしてしまいました。
次回はR指定戦。うーんコレも良バトルだったはずなんですが、場面がイマイチ印象に残ってないです。
これはね、もうね漢戦とT-Pablow戦があまりにインパクト強すぎ、刺激が強すぎたっていうことなんだと思いますよ。
まあまた来週、テレビ見て振り返りたいと思います。

DIS IS RESPECT

DIS IS RESPECT

「フリースタイルダンジョン」を100倍楽しむためのいくつかの方法【初心者向け】

また安っぽいタイトルつけてしまいました。最近何かと盛り上がってるフリースタイルダンジョン界隈ですが、まずは、特に7人のモンスターのマイクリレーによる音源の配信がヤバいですねー。

音源「MONSTER VISION」

iTunesで1位

MONSTER VISION

MONSTER VISION

iTunesで1位になってたって話ですよ奥さん!
(実際、この話をオレはヨメから聞いて知ることになった)

言っても夜の更けた深夜番組からの企画ですから、これほどまで爆発力があるとは思いませんでした。
MCバトルの盛り上がりを裏付けてると言っても良いのではないでしょうか?
MONSTER VISION

MONSTER VISION

  • Dungeon Monsters
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
でも7人のモンスターですから、このメンツのユニットならハズレはないはず。間違いないです。

当然AWAでも配信

そして、ほぼこの「MONSTER VISION」を聴くために堪らずオレはまたAWAのアプリをダウンロードしてしまいました。

AWA - 音楽ストリーミングサービス

AWA - 音楽ストリーミングサービス

  • AWA Co. Ltd.
  • ミュージック
  • 無料

以前入れてて一度消して解約したんでもう2ヶ月無料は適用ないと思ってたんですけど、なんか以前使用してたそのままのユーザーで2ヶ月無料再度いけるっぽいです。
一年以上さわっていなかったら何気にバージョンアップして進化してます。

「Mステーション」出演


そして、テレ朝の連携もあるのでしょうが、あっという間にMステーション出演も果たしてゴールデンタイムに乗り込んでおります。

  • 音源「MONSTER VISION」
    • iTunesで1位
    • 当然AWAでも配信
    • 「Mステーション」出演
  • はじめに
  • フリースタイルダンジョンを知る
    • wikipedia:フリースタイルダンジョン
  • モンスター勝敗表
  • バックナンバー(過去の放送)
    • abemaビデオ
  • バトルレビュー
    • エキレビ
  • バトル(番組)内容書き起こし
    • Seppuku Records
  • 番組放映内容のまとめサイト【閲覧注意】
    • MCバトルまとめちゃんねる
  • 2ch【閲覧注意】
    • HIPHOP板のフリースタイルダンジョンスレ
      • ネタバレ注意
  • ネタバレについて
    • ネタバレのお漏らしはNG
    • ツイッターによるネタバレ
  • まとめ

はじめに

さて、そんな中でオレはと言いますと、フリースタイルダンジョンseason3においてはrec5.6.7と3連チャンで観戦チケットを引き当てて(厳密に言えばチケットがある訳ではなく抽選に当たったの意)、このまま次のrecも行ったるぜーーなんて思ってたんですが、6/12の収録はどうやらハズレてしまった模様で、凹み、ふて腐れてる次第です。
そこで、まあ気を取り直して安っぽいタイトルの通りではありますが、半分自分用のメモの意味も含めて、この「フリースタイルダンジョン」をテレ朝で見つつ余韻に浸りながら補助的に見てるサイトなんかをまとめてみようかなと思ってエントリ書きます。
このエントリ見れば、テレビで放映を見て終わりってだけでなく、その後も何倍も、人によっては100倍くらい楽しめるんじゃなかろうかと無責任に思ってます。

フリースタイルダンジョンを知る

wikipedia:フリースタイルダンジョン

まあ、何はともあれまずは「ウィキペディア」じゃないでしょうか。
フリースタイルダンジョンの概要から、ルール説明、season毎やrec毎に変わった変更点なんかもまとめられています。
そして、初回放送からの全出演チャレンジャーが確認できたりします。
更新頻度は結構高いです。

モンスター勝敗表

ラスボス般若以外はランダムに出現するモンスター。いったいどのモンスターが一番強いのかっていうのはしばしば議論になったりしますが、まあ、一つの目安として勝率っていうのも確かにあります。
モンスターも結局勝ったり負けたりしてて、誰がどのくらいの勝率なのかっていうのは感覚値でしかないのですが過去の戦歴の何勝何敗かをまとめたサイトなんかもちらほらあったりします。
こちらのサイトはそのうちのひとつですが…

ちょっと長いので要点だけ引用させていただきます。

T-PABLOW 15勝 12敗
サイプレス上野 11勝 13敗
漢a.k.a.GAMI 13勝 10敗
R-指定 15勝 4敗
CHICO CARLITO 4勝 6敗
DOTAMA 3勝 6敗

いつ現在の情報か記載がないのが残念ですが、隠れモンスターにTKda黒ぶちが無いので、2017年5月いっぱいぐらい時点かと思います。

これ毎週更新で最新情報配信するの誰もやるヤツいないならオレがいっちょ作っちゃおうかな…。

バックナンバー(過去の放送)

abemaビデオ


単純に見逃しただけならYouTubeでも少しぐらい前の放送分なら探せば誰かしらがアップした公式でない動画を見ることができますが、season1とか2あたりだともうほとんど残ってないですね。
しかしどうしても見たい過去の動画が出てきたりするもんです。これはもうabemaTVで見るしかなさそうです。

AbemaTV-インターネットテレビ局

AbemaTV-インターネットテレビ局

  • 株式会社AbemaTV
  • エンターテインメント
  • 無料
少し前は見づらかったんですが今は「abemaビデオ」にバージョンアップされて過去の放送がめちゃ見やすくなってますね。今ならそのabemaビデオも1カ月無料なのでぜひお試しあれ。

ああ、もうオレはフリースタイルダンジョンのおかげでAWAといい、abemaTVといいサイバーエージェント系のサービスの言いなりになってしまってますが、みなさまもご利用は計画的に…。

バトルレビュー

エキレビ


毎回イラスト付でバトルの感想を含みながら独特の解説してくれてます。
意味不明だったりわかりずらいワードの解説や番組が放送を自粛してる「コンプラ」ワードの予想や考察もあったりしてなかなか面白いです。
おそらく書いてる人は相当MCバトル或いはフリースタイルダンジョン好きな方だと思われます。
しかし、いつも仕事早いですねー。

バトル(番組)内容書き起こし

Seppuku Records


フリースタイルダンジョンのカテゴリにまとめられていますので見やすいです。↓
FREESTYLE DUNGEON
これやってる人もフリースタイルダンジョンが相当好きそうです。
文字に起こしてる内容が、バトルだけでなく審査員コメント、その他番組内で喋られてる言葉は大概文字化されてますので、番組放送後に内容についてゆっくり振り返るのにめちゃくちゃ便利です。
いやホント素晴らしい。

番組放映内容のまとめサイト【閲覧注意】

MCバトルまとめちゃんねる

ここから先はネタバレの危険性をはらんでいるため【閲覧注意】と表示しときます。
※リンクの先に行かなければネタバレは無いです。
よくあるまとめサイトですが、MCバトル界隈についてのまとめちゃんねるももちろんあって、フリースタイルダンジョンについてもカテゴライズされてます。

ここまで見るようになると、おそらくフリースタイルダンジョン好きを超えて中毒の域に足を突っ込んでいるんじゃないかと思いますね。

2ch【閲覧注意】

HIPHOP板のフリースタイルダンジョンスレ


2ちゃんねるの方面は通常オレもチェックはしないですけど、たまに行くと面白いです。てか、おまいらどんだけダンジョン好きなんだよっていう奴が、ウヨウヨいそうです。その中には、まあ2ちゃんねるらしい雑音や荒らしも含まれて当然カオスな状況になってるんですが、書き込み内容もかなりコアな話だったりしてます。まあ、理由は何にせよ相当な熱がないと2ちゃんの特定の話題のスレなんか見に来ないですよね。

ネタバレ注意

手っ取り早くネタバレ情報が欲しいならばここを覗けばありつけますが、ただその質、精度においてはあまり期待しない方が良いです。収録見に行ってから覗くとわかるんですけどデマもふんだんに含まれてますので、ここで見た内容は自分の中だけにとどめておいた方がよろしいかと思います。

ネタバレについて

ネタバレのお漏らしはNG

番組の収録時にはジブさんウジさんをはじめ、前説のスタッフなどからネタバレの情報を流さないように十分注意を受けます。ただ、収録に1,000人規模の客呼んで編集してからの放映ですから、どんなに注意してもこれはもう全てのオーディエンスを監視するのは不可能ですし、ネットで検索していけば、それなりの情報にはたどり着きます。しかし、一定の抑止力は十分働いていて、現在は自分から求めて探しに行かなければネタバレを食らうようなことはありませんのでテレビの放映を楽しみに待てると思います。
ただ、オレもそうなんですが、一度収録に行ってしまうと特にその後抽選に落ちるとネタバレ情報が欲しくてたまらなくなりますね。まあ、ネタバレ情報を知ったとしてもオレの場合はそれを確認したいという想いが残りますので、そこまでフリースタイルダンジョンの放映がつまらなくなってしまうということはないです。
ですから、あくまでネタバレを流布するのはNGということを前提にした上で、「ネタバレを求めるのも個人の勝手、ネタバレを漏らすのも個人の勝手」なんて思ってます。

ツイッターによるネタバレ

2ちゃんねるなんかは、匿名掲示板なので、ソースとしては信憑性にかける部分がありますが、やはり収録に行った人が語るツイッターっていうのが、精度の高いソースでしょう。
現に「収録行ってきたぜー」みたいなツイートをすると、「ネタバレください」的なDMが結構飛んできたりしました。オレは相手にしませんでしたが、収録に行った当人が直接ネタバレ漏らしツイートをしなかったとしても、こうしたDMでのここだけの話的な感じや友達同士の会話なんかで二次的な情報になるとネタバレ抑止力は無いに等しいでしょうからそのあたりが情報が漏れてるのがネタバレの肝なんじゃないでしょうか。
これについてはもう少し深い内容で、改めてエントリ書きたいなーと思っているんですが、どのみち、そこら辺にネタバレ情報が転がっているような番組なんて魅力は半減しますので、あくまでネタバレはNG、知ってる側は絶対に拡散はするなっていうことです。

まとめ

個人的に面白くて、チェックしてるサイトなんかをまとめてみました。まだまだ他にもあるんですが、これらのサイトは「フリースタイルダンジョン」だけでなく、他のMCバトルやHIPHOP界隈の情報もかなりあるので、併せて読むと、そして関連記事なんかからモンスターやチャレンジャーの背景や裏話なんかも見れてより深く楽しめるんじゃないでしょうか。
そのうちフリースタイルダンジョンについて書いてる個人サイト版のまとめも書こうかなーなんて思ってます。

ここまで書いた内容で100倍楽しめるのだとしたら、最後にこれは非常におすすめしたいけどしたくない、フリースタイルダンジョンを1,000倍楽しむ方法があるんです。
勘のいい方なら察しはついてると思うんですが、それは…

続きを読む